all-info ドットジェイピー

あまり知られていない7月の沖縄が快適な訳!

スポンサーリンク




7月沖縄がなぜ快適なのか!

こればかりは行ってみないとわからない
快適さがあるようです。

梅雨があけてからの沖縄は夏本番!

7月に集中しているイベントやお祭りも気になりますね。

夏本番の7月は沖縄が最高だった!

7月の沖縄は夏本番ですが、実はこれが最高の環境だったりするのです。

沖縄の夏は湿度が低いので、実は体感温度としてはそれほど高くないのです。
ですから日陰に入ると日差しは受けないので一気に涼しい感じになります。

都会のヒートアイランド現象になれているような人であれば、暑いイコールうだるような暑さという事をイメージしますが、
沖縄の暑いは爽快感のある暑さというように考えると分かりやすいかもしれません。

快適に暮らすことが出来る暑さというように言えます。

7月の沖縄ビーチ
体感的な感じで考えると都会の方が蒸し暑いというようになっているといっても良いでしょう。
しかも、海がすぐ近くにあるので、涼しい風を運んでくれる環境にあり、風が吹く環境でもあるので、
体感的には爽快感を感じるようなものになるわけです。

ヒートアイランド現象になっているところで不快感を感じるのは、温度の高さもありますが、
湿度が大いに関係しているという事があります。湿度が高くなると、人は体温を奪われにくくなりますから、
体の中の熱を外に放出することが出来なくて、不快に感じるようになってしまうわけです。

このように快適さという意味においては、此処は日本で最高の場所になっているといっても良いかもしれないのです。
暑いと感じれば、それを避けることが出来る避暑地がすく傍にありますし、海の中に入れば、これもまた快適です。
海でも陸でも存分に楽しむことが出来る最高の環境になっていると言っていいでしょう。

スポンサーリンク

7月の沖縄は大きなイベントも多数ある!

7月の沖縄は大きなイベントも多数あります。

例えば名護夏祭りは月末にありますし、ピースフルラブ・ロックフェスティバルという音楽のイベントもあります。
これはかなりの人気イベントで県外からも多くの人が参加をするもので有名です。

花火もありますから夜も楽しめてしまうという事になるでしょう。

沖縄は夜も快適に過ごすことが出来るので、出かける時も気分上々で出かけることが出来ます。
基本的に外が気持ちいいという事があるので、何をするにしても積極的にイベントに参加することが出来るわけです。

首里城この時期の本土のイベントとなると、
まず移動中はかなりの不快感を感じなければならないのは当然ということになっています。

とにかく湿度が高いので汗をぶるぶるにかきながら行くしか無いわけですが、そうしたことがなく、
快適に移動してイベント会場に行くことが出来ます。

とうぜんイベントの最中も最高の気分で参加することが出来るので、存分にそのイベントを楽しむことが出来てしまいます。
沖縄には島がかなりあるので、こうした島ごとにいろいろなお祭りなどのイベントがあるという事もあって、
行った時期によつていろいろなイベントを楽しむことが出来るというのも魅力でしょう。

ヨットレースなどもありますから、こうした海の地域でしか楽しめないイベントも数多くあるという事が言えます。

どんなものを楽しむのも自由ですから気になるものを探してから行く時期を決めるという事を考えても良いかもしれません。

 

ゆっくり過ごしたい方はやっぱり沖縄の島々へ!

ゆっくり過ごしたいという方であれば、やっぱり沖縄の島々へいくのが最高です。

確実に本土とは違った時間の過ごし方となるでしょう。

よく言えば時間の概念が無くなるというぐらいに沖縄の人達はあまり時間を意識していません。
悪く言うと、時間にルーズという事になるわけですが、
観光で訪れるのであればそれぐらいでなければという事が言えるかもしれません。

仕事であれば一分一秒が大切という事もあるでしょうが、観光でそのような事はないでしょう。
のんびりした雰囲気を味わうのであれば、そうした土壌が既にあるところでなければ絶対にのんびりとした雰囲気にはなりません。

7月の沖縄の島のサンゴ礁

沖縄の7月はとても快適ですから、人々は特に何かを急ぐ必要はないのです。
移動などが汗だくだくで外に出るのも嫌というような環境であれば、
とにかく目的地に早く着きたいという感覚になりますが、移動中も快適なのであれば、
別に無理して急ぐ必要は無いという事になるでしょう。人は不必要な事はしないように出来ているのです。

快適な環境がそこにあるわけで、今がいい状況なのにそれを変える必要は無いわけで、
この感覚は現地に行った人でないと決して分からないという事が言えるはずです。

バカンスで非日常的なゆったりとした過ごし方をしたいというのであれば、
それが出来るところでなければなりません。時間の感覚が麻痺してしまうようなところとなると、

今の日本では此処しかないといってもいいかもしれませんね。

まとめ

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

7月の沖縄を満喫したいものですね!

違う季節の沖縄も気になるところです。
また、きかいがあれば取り上げたいと思います。

スポンサーリンク




URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。