all-info ドットジェイピー

眼に効くとされるオススメ温泉が!関東近辺ベスト5

スポンサーリンク




私自身が悪く
少しでも眼に効く温泉がないか調べてみました!

私の場合は視力が悪いというよりも、病ですが
私の個人的なことは置いといて

何よりも生活するのに大事な目ですが、
あえて眼、コチラの眼という字を使います。

眼にいいとされる温泉での効能などについてみていきましょう。

眼に効くオススメの温泉!効能と泉質

眼に効く関東のオススメ温泉は、ドライアイや眼精疲労だけでなく、
白内障や眼底出血などにも対応するタイプです。

ミネラル分を中心に、肌に刺激が少ない弱酸性となっている温泉がオススメです。
加えて浸透力が高く、眼の周りだけでなく全身から浸透するのが理想といえます。

お湯の色や匂いは特に問いませんが、癖が少なくて抵抗感がない方が良いでしょう。

肌に対するあたりも、刺激があるよりは優しく何時までも浸かっていたくなるのが理想的です。
眼以外にも効能があればなお良いですし、疲労回復やリラクゼーションなど、疲れを回復する目的でも通えます。

デスクワーカーだけでなく、眼の働きや動体視力が大切な人にとっても、このような温泉は役立ちます。
長時間の集中力を要するドライバーや、動く物を眼で追うスポーツ選手は、
他の人達よりも眼が疲れやすい使い方をしています。

眼に効く温泉

眼が疲れると肩こりや筋肉の張りが生じるので、定期的にほぐしたり疲労感を取り除くことが不可欠です。
その点眼に効く温泉であれば、全身を暖かく包んで眼もリラクゼーションに導いてくれます。
オススメなのは生活圏に近く、急に眼に効く回復方法が必要になっても、気軽に通えるような立地にある場所です。

関東圏でも少し中心から外れると、案外選択肢は多くて近場にもあることが分かります。
車があればお湯巡りが楽しめたり、自身の眼に効く一番を見付けることも可能となります。

逆に関東であれば交通機関が発達しているので、車がなくても通ったり利用することができます。
所要時間と移動のコストは発生しますが、オススメに合致するお湯であれば、それに見合うだけのリターンがあります。
じんわり浸透する泉質が理想的で、浸かった後にリフレッシュ感が得られれば完璧です。

スポンサーリンク

眼に効くオススメ温泉!ベスト5~ベスト3

岐阜県の新穂高温泉は北アルプスの雄大な景色が眼前に広がる場所にあります。

景色を眺めるだけでも眼に効く環境ですが、お湯に浸かることでもっと疲労回復や眼の状態改善に期待できます。
炭酸水素塩泉の泉質を有しているので、
体に浸透する実感が欲しい人にオススメ度が高まる選択肢となっています。

お風呂は大露天風呂タイプですから、ゆったりと開放的な中でくつろぐことができるでしょう。
毎日スマートフォンやパソコンの画面と向き合う現代人にとって、眼がストレスから開放される理想的なお湯です。

群馬の温川温泉は疲労回復に定評があって、全身から疲れが抜けることから眼に効くとも評判です。
お湯の温度は40度位と人肌に近く、長時間ゆっくりと浸かっていられるのがオススメに値する魅力です。
温川一帯は温泉が集まるエリアなので、お湯を比べたり眼に効く場所を探したい時に、関東で役立つスポットとなっています。

眼に効く温泉2

実際の泉質はお湯によって微妙に異なりますから、一つのお湯だけで効能を評価するのではなく、
比べて見るのがオススメの楽しみ方となります。
群馬は自然ばかりで何もないと評されますが、眼や体の悩みを抱えている人にとっては、
関東の中でも魅力的な県となるでしょう。

同じく群馬の草津温泉は地蔵の湯として知られる関東の有名なお湯です。
以前は眼科医が必要なかったといわれるほど、眼の良い人達が多く住んでいた地域です。

地元では目洗地蔵の言い伝えがあって眼に効くお湯を求める人達が集まります。
酸性泉で酸性度が強く硫黄泉なども通っている場所なので、お湯になる前に中間施設で中和されます。
代表的な効能は皮膚病や神経痛そして糖尿病にも対応していて、眼にも優しい回復作用があります。

眼に効くオススメ温泉!ベスト2とベスト1

関東を代表する新潟の貝掛温泉は、泉質がナトリウムやカルシウムを始めとして、
塩化物を中心とした弱アルカリ性なのが特徴です。

更に低張泉で浸透圧が低いので、体に対する浸透力を発揮するのも見逃せないポイントです。
お湯は無色透明で、肌に優しくさらっとしていてまろやかな質感が楽しめます。

浮力が生じるタイプですから、浸かっていると不思議な感覚が得られます。
効能は他にも、火傷や切り傷に神経痛、腰痛と冷え性に五十肩などがあります。

病後の回復を助けてくれるほどなので、幅広く体の悩みを抱えている人にもオススメとなります。

東京駅からは80分ほどの所要時間が必要なものの、駅から出ているバスを利用すると、
約25分ほどで到着できます。

他にタクシーの選択肢もありますから、関東で眼に効く方法を必要とする場合に、
何時でも無理なく通えたりお湯に浸かれます。

神奈川の姥子は、貝掛と同じく日本で三大目の温泉と呼ばれ、
金太郎が怪我をした時に浸かって癒やしたという逸話があります。


泉質はカルシウム硫酸塩泉とナトリウム硫酸塩泉で、いかにもといった匂いがします。

標高が高い場所にあるので、周辺は賑やかではなく穏やかですから、落ち着いてお湯に浸かりたい時に最適です。
温泉街は作られていないことから、日常とは違う環境でワイワイ楽しむ用途には向きませんが、
静かに落ち着いて静養したいならベストです。

眼に効くミョウバン成分も含む泉質なので、オススメ度は高く試してみる価値があります。
関東は各地に温泉が点在しているので、地方や山奥に出向かなくても眼に効くお湯が見付かります。

オススメの順位を決める理由は、眼に効く度合いが最も大きく占めていますが、
多くの人が通いやすい場所にあることも関係します。

貝掛と姥子は泉質と立地の両方において、人気が高く強くオススメできる選択肢です。

他にも温泉の記事があります!
icon-arrow-circle-right 年末年始の温泉旅行に行けなくなった!近場に美肌の湯が!関東の美人の湯

まとめ

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

私自身眼に病があり、月に数回眼科に通っているので
少しでも眼にいいと聞くと真剣に聞いてしまいますが

眼は生活するうえで大切な役割があり
見えるか見えないかでいろいろと支障をきたすことになりますね。

ちょっと、重すぎですね。

最終的に眼は年をとっても大事なので、若いうちからケアしていきましょう
ということが言いたいのです。

スポンサーリンク




URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。