all-info ドットジェイピー

電動スクーターに折りたたみの物が!走行性はどうなのか

スポンサーリンク




電動スクーター折りたたみって!

どうなんでしょうか。
自転車ならまだしも
スクーターなので、大きさとかが気になるところですね!

どんな感じなのか見てみましょう。

電動スクーターの折りたたみ!大きさや重さは

電動スクーターで折りたたみ出来るようなものが登場しています。

折りたたむと幅はなんと30cmという長い定規の長さと同じになるぐらいの幅でおさめる事が出来る物ともなっているのです。

高さは自転車を想像すると良いでしょう。

持ち歩きをする時には自転車を押すときのイメージで持ち歩くことになるので、
自転車というように考えると良いかもしれません。

電動スクーターイメージ重さは約20kg程度という事になっているので、ちょっとした筋トレの鉄アレーをイメージすると良いかもしれませんね。

左右に10kgの鉄アレーで筋トレをしているような人も珍しくはありませんから、それぐらいの重さで電動スクーターを持ち歩くことが出来るという事になっているわけです。

勿論、そのまま持ち上げて持ち歩いても良いのですが、自転車のような感じで押していくという事が持ち歩く時の基本的なスタイルという事になるのかもしれません。

ただ、電動スクーターで公道を含めてほとんどのところで利用できるので、押したりするのは駐車場に入れる時や自分の玄関に収納する時ぐらいという事になるのかもしれません。

なんと、玄関に傘のようにして置いて収納することが出来るというぐらいの大きさになっているというのが凄い所で、
そのため置き場所に困る事が少なくなるという事がこの商品のメリットという事にもなるはずです。

電車に持ち込んで持ち歩くという事すら出来るので、多様な用途に使う事が出来るものとなっています。

スポンサーリンク

電動 スクーター 折りたたみ!走行性能は何キロ走行できる

折りたたみの電動スクーターの走行距離はフル充電の状態で約35km程度という事です。

まずこれだけは知ることが出来れば、ほとんどのところに行く事は出来るという事が言えるはずです。

勿論、これは運転をする人の重量や荷物の重さ、山道かどうか、信号の有無などで変わってくる事にはなりますが、
10km以上は走る事が出来るという事を考えれば、まずたいていの移動手段には耐える事が出来る物という事が言えるでしょう。

スピードは最大で30km/hということで、まずまずのスピードを出すことが出来るという事になります。

電動スクーターイメージ2
一般的なスクーターと同じというわけにはいきませんが、これだけ出ればまず十分という事が言えるのではないでしょうか、
折りたたむことが出来るという車体からは考えられないスピード性能という事が言えないわけではありません。

安全性という事を考えてもこれぐらいのスピードの方が良いという考え方も出来ますよね。

基本的にスピード重視というわけではなく、何処でも使えて置き場所に困らないというコンセプトの中での走行性能という事になりますから、その事を考えれば驚異的な性能という事が言えなくもありません。

公道を走る事が出来る上に、バーベキューなどのアウトドアをする時にちょっとした移動手段として使うというような事も出来る事になります。

これを車に積んでおけば様々な事に使う事が出来る用になると考えても良いかもしれません。

普通にドライブも楽しめるという事になるのかもしれません。

電動 スクーター 折りたたみ!何種類ある?メーカーは

電動スクーターの折りたたみ式を販売しているメーカーは株式会社ブレイズというところで、
ブレイズスマートEVというものがあります。色は4種類あるので好きなモノを選ぶことが出来るようになっている。



ただ、類似品はいろいろと出てきていて、似たような商品が増えているので注意をした方が良いかもしれません。

これからこうした商品はいろいろと出てくるという事が考えられますが、気を付けなければならないのは、
ちゃんと法的な認可を受けているのかという事を確認することが大切です。

というのは、電動スクーターは公道を走る事が出来るものですが、それには政府の様々な認可を得る必要があるという事があるからです。

その中には様々な厳しい審査などを得る必要もあり、そうした事をしていないような物も出てきている可能性もあります。

公道というのは自動車が走ったりするような危険な道路ですから、そこを走るという事になれば、それなりの安全性や信頼性というモノが必要になるのは当然という事になります。

電動スクーターという事で原付バイクの扱いになるという事も法律で決まっていて、その法律に従って利用されるという事でなければならないという事です。

利便性が良いという事は使い勝手がよいという事で何でも使えるというように思ってしまいますが、公道を利用するような時には、法律を順守した上で利用することが出来る用になるという事を忘れないようにする事も大切です。

価格はAmazonではご覧の通りです!
手軽に車のトランクや後ろの足元に詰めるのがいいと思います!

電動なので座席に横に積んでも大丈夫なところが気に入りました。


まとめ

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

真剣に欲しくなってきました。

心配なのがあまり交通量が多いところでは

トラックとかの横風でよろめきそうなのが

心配になりました。皆さんはどうでしょうか!

スポンサーリンク




URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。