all-info ドットジェイピー

台風 接近を前に走行時に知っておいて欲しい情報とはっ!

スポンサーリンク




近年の台風の状況は!

ここ数年台風が発生すると被害が多いせいか台風の大きさや

進路などを確認して、接近してこないか天気予報もしっかり見るようになっています。

最近の天気予報も進歩していて正確性も増しているので、
進路状況によって仕事を遅らせたりする判断もできやすくなっています。

台風の進路状況

9月にも被害がでる台風18号があったばかりです。
災害事例を見てみます。

台風による災害事例
  1. 2017年9月13日~9月18日
    台風18号と前線の影響により南西諸島、西日本、北海道を中心に
    大雨、暴風で土砂崩れ、河川の氾濫、交通障害がおきた。
  2. 2017年6月30日~7月10日
    梅雨前線と台風3号の影響で西日本から東日本を中心に大雨。
    西日本では記録的な大雨となる。
  3. 2016年8月16日~8月31日
    台風7号、11号、9号、10号の影響で東日本から北日本を中心に
    大雨、暴風のために北海道と岩手県で記録的な大雨となる。
  4. 2015年9月7日~9月11日
    台風18号による大雨で関東、東北で記録的な大雨となる。
    死者や負傷者が多数でている。
  5. 2014年10月4日~10月6日
    台風18号による大雨、暴風で東日本の太平洋側を中心に大雨、
    沖縄と奄美、西日本、東日本の太平洋側を中心に暴風。
    死者、負傷者が多数でている。
  6. 台風による被害を数件あげましたが、他に大気不安定の大雨の土砂崩れ、竜巻
    気象状況が急変することが近年増えているのが現状です。
    関東地方では毎日のようにひょうが降り事故も多数起きています。

車移動時の台風対策!

車の移動で台風の進路に入ってしまったら、走り続けますか?

私は怖がりなので数時間で過ぎ去るのであればできるだけ避難して
雨風がおさまるのを待つ方がいいかと思います。

仕事やトラックでの移動で時間がない時などには急いでいても速度を下げ
周りの状況やラジオの情報で自分自身で判断しなくてはなりません。

道路の冠水大雨での冠水

夜間での走行で気をつけて欲しいのが車の水没によるエンジンが止まってしまう。
夜間の走行時は冠水している状況がわかりずらいため水没してしまう率が高くなります。

対処法は!

冠水した状況にもよりますが、そのままの状態でエンジンを始動しない。

理由は!

車は、エンジンを始動するときにはエンジンにエアーを吸い込んでまわします。
冠水していると水がエンジン内に入ってしまいあまりにひどい状態だと廃車処分
なることもあります。

エンジンルーム内のエアーダクトの位置はだいたいが下の画像の位置ですが
車種によってもかわります。

エンジンルーム

マフラーが完全に水没している状態でも同じことになるので注意してください。

よく、水しぶきをあげボンネットに水がかかている状態でスピードを出して通り過ぎている
車をみますが水が入る確率も多くなるのでできるだけゆっくり進む方がいいでしょう。

車は、移動できるときは移動して安全な場所に停車をしておく。
車は、整備工場などに連絡をして点検してもらう。

トラックや乗用車でも車高の高い車は比較的冠水も避けられますが
冠水した場所はなるべく避けて下さい。

高速道路での台風対策!

高速道路で注意することは、大雨での視界不良や暴風でハンドルがとられる

落下物、他の車両の停車といつもより注意が必要です。

高速道路での事故や暴風で飛んできた落下物に乗り上げてバーストしたり
トラブルには直ぐに路肩に寄せてハザードランプをつけて車内から出て策の外で
NEXCOに連絡して下さい。

私の実体験
高速道路でバースト経験がありますが、たまたま高速道路の電話がある場所で止めることが
できたのですぐ電話をすることができましたが、電話が遠い場所での連絡には携帯からNEXCOを
調べてからの連絡になるので、突然のトラブルに備えて全国の高速道路の緊急連絡先
ありますので、電話帳に控えておきましょう。
高速道路での事故やトラブルのときは。
固定電話(NTT)、携帯電話などからダイヤルが可能です。
【道路緊急ダイヤル #9910】
全国の高速道路・国土交通省が管理する国道はすべて対象となり、24時間通話料無料でご利用できます。
山間部では土砂崩れもおきる可能性もあり、できるだけ走行をひかえて
パーキングで暴風、大雨がおさまるのを待った方いいと思います。

高速道路の視界不良

最後に

車の運転でのトラブルが最近増えています。

台風の接近では普段よりも注意して運転していくように

心掛けていきましょう。

スポンサーリンク




URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。