all-info ドットジェイピー

アクアマリンふくしま でのイベントと周辺の情報も!

スポンサーリンク




アクアマリンふくしまでのイベント情報を

集めてみました!

道路なども整備された周辺情報も合わせてどうぞ!

アクアマリンふくしまの夏から秋のイベントは!

アクアマリンふくしまは海の生物を主に扱う水族館としても名高く、
福島県でも老若男女の方が集まる観光スポットの一つです。

当然、多くのイベントが盛りだくさんに行われ、それが開催されている期間中は、
そのイベントを目的に大勢の観光客が訪れます。

2018年は現在、行われているのは日本各地に生息するカワウソを集めた「世界カワウソの日」が開催されています。

そこでは日本各地のカワウソを知ることができ、他にも世界で生息している希少なカワウソをまじかで見ることができ、5/25から初夏を思わせる6/10まで開かれます。

また企画展にはアクアマリンの七夕まつりも開催される予定で、期間は6/16~8/7までとなっています。

アクアマリンふくしまのイルカ
公式サイトでは現在の所、この二つの催しが行われていますが、
今後も夏や秋に行われる催しに関する情報も公開されるはずです。

アクアマリンふくしまの公式サイトはこちら!

夏休み向けのイベントが開催される予定でもあり、アクアマリン夏祭り、
アクアマリンふくしまで飼育した金魚まつりなども例年、開かれております。

もちろん周辺情報としては、祭りなどの開催に併せて来館される方も多く、
混雑する交通事情を計算して来館されると良いです。

おなはま海遊祭・いわきおどり小名浜大会・いわき花火大会が近くで開催されます。
海にも近い場所で海水浴客でにぎわうスポットでもありますので、夏から秋にかけての催し物は満載となります。

水族館らしい子供から大人まで楽しく癒される催しも盛りだくさんで、行く価値のある水族館です。

スポンサーリンク

アクアマリンふくしまの館内を紹介と魚の種類

アクアマリンふくしまは、一歩踏み入れると海辺の生物を触れ合えるゾーンが盛りだくさんに用意されています。

縄文時代をイメージしたわくわく里山・縄文の里が入口前広場に存在し、
エントランスを通れば現在に生き残っている「生きた化石」が紹介されます。

エスカレーターで4Fに上ることも可能で、4Fに上るとふくしまの川と沿岸をモチーフにしたスポットを通ります。
3Fでは北の海獣・水鳥を見られ、ゴマフアザラシ・トドなどの生き物が見られます。

同じ階にはアジアアロナワを始めとする熱帯魚、

アクアマリンふくしま館内

2Fに降りればチンアナゴといったサンゴ礁の海に生息する魚が紹介されます。
同じく2Fにはオホーツクの海に生息するアパチャン・ナメダンゴを見ることも可能です。

他にも親潮の流域で見られる魚が盛りだくさんに見られる三角形のトンネルをくぐれるコーナーがあり、
圧巻です。

最後の出口には生きた化石としても知られているシーラカンスも迎えてくれ、
見ることができる魚の数についても多い特徴があります。

アクアマリンふくしまのシーラカンス
アクアマリンふくしまの館内は、じっくり見ていけば1~3時間かけて堪能することも可能です。

周辺で行われるイベントなどの周辺情報をあらかじめ知っておけば、
それに向けての時間潰しにも使うこともできます。

特に8月は海水浴客でも賑わい、花火大会や盆踊りなどが目白押しに開催されていることもあるため、
それをあらかじめ把握しておくと良いです。またここでしか見ることができない海の生き物も存在するため、
貴重な体験を得ることができます。

夏休みには子供たちと行きたいところの1つですね!

アクアマリンふくしまの周辺イベントとスポット!

アクアマリンふくしまはいわき市でも南部の沿海岸に存在するスポットです。

鉄道で駅からも近いため、電車でも十分に訪問することが可能なスポットになります。

電車で来られる場合には、小名浜駅を最寄り駅として駅から徒歩で約10分です。



なお訪問される方は、イベントなどの周辺情報を知って訪問されると楽しみも倍増して良かったりします。

アクアマリンふくしま
近くに海が存在する沿海岸に水族館があり、いわき市の中心市街にもアクセスが良好な関係にもあるため、
その日はいわき市内を満喫する形で訪れると良いでしょう。

まず7/28~7/29にかけておなはま海遊祭が、アクアマリンふくしまから徒歩約5分のアクアマリンパークで開催されます。

様々な無料体験できるコーナーが存在するため、ここでしか味わえない貴重な体験をすることも可能です。

また同じくアクアマリンパークで8/4にはいわき花火大会が開催され、毎年多くの方が訪問し、
市をあげての夏のメインイベントになります。

いわき花火大会の前日の8/3は、いわきおどり小名浜大会がいわき市と小名浜市の市街を中心に開催されます。

伝統あるいわきおどりで毎年、50にも及ぶ団体が参加され、優勝を目指す大会です。

他にいわき回転櫓盆踊り大会も8/13から8/15まで開催されており、幻想的な雰囲気で行われる盆踊り大会となります。
誰でも盆踊りに参加することができるため、日中は水族館を見て回り、夕方から夜にかけてそれに参加することも可能です。

まとめ

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

いわき市小名浜では、他にも

6月中旬からグランドオープンしている小名浜イオン
があり、アクアマリンふくしまの目の前にショッピングから
フード、お父さんの楽しみのお酒まで楽しめる

ショップが入っています。

今年の夏は小名浜に遊びにいきたいですね。


スポンサーリンク




URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。