all-info ドットジェイピー

クラゲの加茂水族館が人気な訳がカップルに!

スポンサーリンク




クラゲ加茂水族館

ここ知っていますか?

加茂水族館の場所はここにありますよ!



 

加茂水族館には何種類のクラゲがいるのか!

加茂水族館には現在約40種類ものクラゲがいて、ギネスに申請しているという事なので将来的にギネスブックにその数の多さで認められるという事があるかもしれません。

つまり、世界一の数のクラゲがいるという事が認められるかもしれないという事になります。

ギネスに認定されるかどうかはともかくとして、とんでもない数のクラゲがいるという事は間違いないということが言えるでしょう。

実は飼育が難しいのがこの生物で、あまり多くの種類を展示している水族館が少ないのはその為でもあります。

基本的に海に浮遊しながら生きている生物ですから、水族館のように1か所で展示するというような事に向いていないという事もあると考えられますね。

クラゲ

そのため、どこの水族館でも扱いの難しさがあるので、なかなか展示することは出来なかったという歴史があったわけです。

この加茂水族館の凄い所はその飼育が難しいという困難を解決する努力をし続けてきたという事があったという事があります。

単に集めてきて展示をしているというのではなくて、ちゃんと育てている事が出来ているという事に意味があるという事にもなります。

数がそれだけ多いというという事は、それだけ難しい事をしているという事にもなりますから、他では見ることが出来ないものが見られるという事もこの水族館の人気の高さの獲得に貢献している事は間違いないと言えるでしょう。

他の水族館とは着眼点が大きく異なっていると言えそうです。

スポンサーリンク

クラゲの他に見れるものその他イベントは

クラゲの他には宿泊体験というイベントもあって水族館の裏側を見ることが出来るお泊り体験をすることが出来ます。

これは日にちが決まっているので、実施される日時を調べて行って見ると良いでしょう。

普段の展示では見ることが出来ない、水族館の裏側の施設を見ることが出来るので、また別の魅力を発見することが出来る事は間違いありません。

水の供給がなされているところや、展示されていない魚やクラゲが飼育されているところなどを見ることが出来るので、
少しではありますが、水族館の仕組みのようなものを理解することも出来るようになります。

簡単に言えば、機械のからくり部分を知る事が出来るかもしれないので、興味がある人であれば魅力的なイベントとなると考えられます。

加茂水族館の水槽

何故他では飼育できないようなクラゲをここでは飼育できているのかというような事も少しではあるかもしれませんが、
理解できるようになるかもしれません。

何しろ加茂水族館は世界でも稀な水族館といって良いでしょうから、そこの秘密が少しでも分かるというのはとても貴重な体験という事が言えるのもかもしれません。

水槽の前で眠る体験をすることになるのですが、まず人生でそのような体験をする事はないでしょうから、貴重な一生に一度しかない体験となるのは間違いないはず。

昼までは見られることがない夜の水中生物の姿を見ることが出来るというのも面白いかもしれません。

昼ではまず見られないものが見られる可能性は十分にあります。

その他にもアシカショーやウミネコの餌付けも人気のイベントです!
自前に確認の上出かけましょう。

加茂水族館の公式サイトはこちら!

カップルに意外に人気加茂水族館

カップルに意外に人気なのが加茂水族館の特徴でもあります。

クラゲというとあまり、ロマンチックな感じがしないかもしれませんが、実は以外に人気があるという事があるのです。

というのは、可愛いと感じる人もいますし、神秘的だという事を感じる人も居るからでしょう。

場合によっては幻想的な事だと感じる人もいるかもしれません。一般的な水族館との差別化が出来ていて、
印象に残りやすいという事もあるとも考えられます。

クラゲが光る

まず個体が小さいので安心して見ていることが出来るという事も人気の理由という事が言えるのかもしれません。

きもかわいいという言葉が適切かどうかは分かりませんが、そのような感情に似た感じを持つ人も少なくないようです。

男性に人気というよりかは女性から人気という事もあるので、カップルで行くにも最適と考えられるのかもしれません。

海の魚はちょっとというような人でも、クラゲであれば面白さも感じられるので見てもいい、
むしろ見てみたいという事を感じる人も少なくはない。

一般的な生物と違って様々な個体がいるので、そうした多様性も人気の理由という事が言えるのかもしれません。

魚のように怖いというイメージを持つ人はほとんどいなくて、ある意味では正体不明だのでその謎を知りたいというような気になるのかもしれない。

人は怖いもの見たさというモノが少なからずあるものですが、クラゲの場合は怖さをほとんど意識する事無く見ることが出来るというのも魅力なのかもしれません。

まとめ

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

クラゲの意外なところはここでしか見れませんね!

一度は行くべきな加茂水族館です。


スポンサーリンク




URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。