all-info ドットジェイピー


グッドデザイン賞 2018とは!この賞のメリットはなに⁉

スポンサーリンク




グッドデザイン賞2018

グッドデザイン賞を詳しく調べてみました。

賞の内容、賞をとるメリットなど

いろいろわかりましたので

ちょっとした雑学として読んでみて下さい。

ズバリ!グッドデザイン賞 をとるメリットとは

グッドデザイン賞に応募する企業は、企業価値を高めるためやGマーク活用によるPR、第三者評価の確保や関係者のモチベーションが挙げられます。

グッドデザイン賞2018をとることによって対外向けの効果と社内向けへの効果が期待できます。

PR方法の工夫により、売上増加や新規顧客開拓といった企業の収益性が高まります。

社内向けでは、社内のモチベーションを高めたり推進力を維持するといった点で長期的な効果があります。

グッドデザイン賞2018に選ばれるとGマークで多くの人に宣伝することができます。

実際、8割以上の人がGマークを認知しています。

グッドデザイン賞
Gマークに対する消費者のイメージは企業の売上に大きく影響します。

デザイン性や機能性、品質といったイメージが大きく、高価な価格の製品イメージを付与したい場合や製品の信頼度を高めたい時に有効と言えます。

Gマークが付いている商品に関して消費者は6割以上が魅力を感じています。信頼や安心という点で魅力を感じている人は多いので、効果的です。

また、センスがいい企業とか物作りが上手な企業と見られます。

デザインが上手だと良いアイデアを提案できる企業と思うことができるので大切です。

製品の企画力や改新的な社風といったイメージを与えることが出来ます。

このようにメリットはたくさんありますが、一番は企業の認知度を高め、良いイメージを与えることができるということです。

Gマークは消費者の多くの人に影響を与えていることが分かります。

スポンサーリンク

グッドデザイン賞 2018の部門はどのように分かれている!

部門は16に分かれています。

まずは、生活プロジェクトの小物類です。装身具や文具、育児用小物などを取り扱っている部門です。

グッドデザイン賞寝具

次は趣味や健康商品の部門です。この部門は健康用品や美容器具、園芸用品などを対象としています。

情報機器のカテゴリーもあります。

他にも色々な部門に分かれていますがそれぞれ専門の審査ユニットを編成し、審査を行います。

原則として同一の対象を複数の応募カテゴリーに応募することは出来ません。

審査は応募者が部門を決めますが、審査委員会の判断によりカテゴリーを移動する場合があります。

住宅の買取や売却を扱っている企業も応募できます。

グッドデザイン賞2018は全ての人が企業が応募できるように様々な部門が用意されているので応募してみることは大切です。

賞はグッドデザイン金賞やグッドフォーカス賞に分かれます。

デザインが優れていると認められたものにグッドデザイン賞が贈呈され、さらにその中から特に優れた100件がグッドデザイン・ベスト100として選出されます。

多くの応募者が賞を取ることができるので、よりよいデザインを考えることができます。

二次審査があり、結果が出るまで時間がかかります。

自分はどの部門に当たるのかきちんと調べた上で応募する必要があります。

様々な部門に分かれるので同じ部門同士で一番よいデザインを選出します。

選ばれると同じ企業の中でも最も優れていると見られるようになるので、とても効果的です。

デザインが苦手な方でもみんなで協力して案を出していくのはよい思い出になります。

消費者にとってのメリットとは!

消費者にもメリットがあります。

Gマークが付いている商品があれば、選びやすくなります。

お菓子などにモンドセレクション金賞受賞と書かれていれば、確実に美味しいお菓子だと知ることができますし、
安心できます。

私も、最近ニュースで商品に悪い成分が混ざっていたということを聞きました。

そのような事件は多くあるので、本当に安心できる商品をどのように選べばよいのか心配になりました。

そこで、グッドデザイン賞2018のことを聞き、Gマークが付いている商品を選べばよいことに気がつきました。

賞を取っており、国際的に認められているので安心できます。また、確実に美味しいものを選ぶことができ、
買い物を失敗しないです。

Gマークはこのように、消費者に大きな影響を与えます。

グッドデザイン賞買い物

賞を狙うことで消費者に安心してもらい売上を上げることができます。

最近では、企業が消費者を裏切るような事件が増えているので多くの人が警戒心を抱いて買い物をしています。

なので、安心できるということは消費者にとって本当に嬉しいことです。

グッドデザイン賞は応募者も消費者もメリットがあります。

お互いにメリットがあるので、みんなが参加する事で意見を交換し合うことができます。

企業と消費者がコミュニケーションを取り合う事で本当の信頼を得ることができます。

そのうえで、グッドデザイン賞はとても役立ちます。

消費者は関係ないと考える人は少なくありませんが、実際多くの人が関わっています。

まとめ

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

何か買うときなどに商品のGマークを

探してしまいそうですね!

スポンサーリンク




URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。