all-info ドットジェイピー


温泉 で美肌の湯!鳥取県の美肌の湯は

スポンサーリンク




温泉美肌の湯

鳥取県の美肌の湯を見ていきましょう。

美肌ランキングにも上がったことのあるところが

鳥取県にはあるので期待してしまいますね。

温泉 で美肌の湯!米子市周辺の美肌の湯

温泉地へ行くと「美人の湯」「美肌の湯」等の言葉をよく目にしますが、本当に効果があるのはどこなのか?
と気になる人も多いのではないでしょうか。

本当に効果のある「美肌の湯」を探すときのポイントは、毎年1回発表される「美肌ランキング」で上位にランクインしている土地にあるかどうかを確認することです。

温泉美肌の湯米子

美肌ランキングから考えるオススメは、美肌ランキング上位の常連県が集まっている中国地方です。

特に米子市は、2017年の美肌ランキングで毛穴が目立たない都道府県第一位の鳥取県に位置し、
肌がうるおっている都道府県第一位の島根県に隣接する都市です。

米子市の温泉に入って美肌にならない訳がないと言っても過言ではない程、効果が期待できる土地なのです。

その中でも特にオススメなのは、山陰が誇る屈指の名湯である皆生温泉です。皆生とは、「その昔、出雲の稲佐の浜から泡となって流れた魂たちが海岸に流れ着き、新しい身体と心が蘇生(よみがえる=黄泉の国から帰る)されて皆生まれ変わった」という言い伝えからつけられた名前です。

温泉美肌の湯美人の湯

その名から期待される通り、肌が美しく生まれ変わると地元でも有名です。海辺に近いところに位置しており、海洋性ミネラルが豊富な海中より湧き出す塩の湯が楽しめます。

ミネラル豊富なため保湿効果が高く、一度浸かるだけで美肌になると評判です。

肌への水分保持力も高めてくれる効果があるため、肌に水分がたっぷりと含まれた状態が維持されると言われています。

肌に水分が維持されれば毛穴もふっくらするので、毛穴も目立たない美肌が出来上がるのです。

スポンサーリンク

温泉 で美肌の湯!鳥取市周辺の美肌の湯

温泉は、都会から離れた自然豊かな場所にあることが多いというイメージを持っている方が多いと思います。

事実、アクセスの良い駅周辺に名湯があることは稀なのですが、鳥取温泉は全国的にも珍しい県庁所在地に沸く美肌の湯として有名です。歴史は比較的新しく、1904年に飲用井戸を掘るための掘削中に偶然見つけたのが始まりと言われています。

JR鳥取駅から徒歩5分というアクセスの良さなので、ビジネスマンから地元の人まで多くの人が日常的に利用しています。

このように気軽に利用できることが魅力でもありますが、その効能は本物です。

泉質は、ぷるぷる肌になることが期待出来る泉質として有名な硫酸塩泉です。硫酸塩泉により期待できる効果は、主な含有成分からくる次の3つです。1つ目は、アンチエイジングの効果です。

硫化塩泉に含まれる「ナトリウム」は、お肌に水分を運びうるおい補給をする化粧水の働きがあります。

温泉美肌の湯鳥取
そのため、コラーゲン生成のサポートが期待出来、アンチエイジングに効くという訳です。2つ目は、ハリアップの効果です。

硫化塩泉に含まれる「カルシウム」は、鎮静作用は痒みを抑え流ので、乾燥肌に特に効果的です。

肌の表面に付着する成分がしっとりとした湯上り肌をつくります。3つ目は、美肌を持続させる美肌サポートの効果です。

硫化塩泉に含まれる「マグネシウム」は、無色透明で、飲むと苦味があるのが特徴です。

温泉で飲用できると書いて合った場合には、飲んで体内からも美肌成分を取り込むと良いでしょう。

お湯の温度は45度で、最初はやや熱く感じるかもしれませんが、浸かっているうちに美肌成分を取り込んでいる感覚に気持ちよくなること間違いなしです。

温泉 で美肌の湯!倉吉市周辺の美肌の湯

美肌グランプリ上位常連県の集まる中国地方には、美肌の湯が多数存在します。

その中でも、”世界屈指の”効果があると言われて有名なのが、鳥取県倉吉市にある三朝温泉です。

三朝が世界に誇るものは、泉質に含まれるラドン含有量の多さです。ラドンを多く含んでいる泉質は、新陳代謝や免疫力、自然治癒力を高め、ガンや生活習慣病の予防、老化防止に役立つと言われています。

その効果の高さで、900年以上の長きにわたり、人々の身体を癒してきたのです。

三朝温泉では六感治癒が推奨されています。
六感とは「観・聴・香・味・触・心」を表します。


具体的には、「聴」は渓流のせせらぎや下駄の音の心地よさを指します。「観」は昭和風情を残す町並みや登録有形文化財、大綱引きジンショを体験することで童心に帰ることを意味します。

「味」は山菜や栃餅・古酒などの地産品を食し、食文化の豊かさに触れることを表しています。

「触」は温泉療法や昭和文化に触れること、「香」は入浴時の湯の香りに心を癒すことを表す感じです。

「心」は現代湯治によるココロとカラダの休養を指すと言われています。

温泉美肌の湯
六感治癒とは、三朝の優れた泉質の湯に浸かり、飲み、湯煙に身を置くことによりこれらの六感を癒すという考え方です。
六感を癒して、心身ともにリラックスすれば、内面から美しく生まれ変わり、肌も綺麗になることができるため、美肌の湯として有名になったという訳です。

尚、ラドン泉の入浴時間は額や顔がほんのり汗ばむ程度が目安と言われています。汗が流れたり、動悸がするほどの長湯はやめて、休み休み湯に入ることで少しずつ美肌に近づくことができます。

まとめ

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

鳥取県の美肌の湯はききそうなかんじですね。

みんなで鳥取県の温泉で美肌美人になりませんか!

スポンサーリンク




URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。