all-info ドットジェイピー

ジュレ とゼリー の違いは何処に?違いが分からない!

スポンサーリンク




ジュレゼリー違いが分からないのは

私だけではないと思いますが、

どこに違いがあるのか出される料理にも

違いがあるのか!確認して見ましたので

ご覧ください。

ジュレとはそしてゼリーとはここが違う!

フランス語が由来のジュレに対して、ゼリーは英語とまず言語の違いがあります。

またジュレは凍らせるの過去形なので、凍らせたものが語源になっているのがポイントです。

フルーツジュレ
今ではイタリア語のジェラートが凍らせたお菓子を表しますが、元々はジュレもジェラートも同じ意味で使われていました。

一方のゼリーは、フランス語の古い言葉が借用されたもので、こちらも同様の意味で使われてきた歴史があります。
日本ではどちらも凍らせた食べ物には使いませんが、近年は微妙な違いに合わせて使い分けられるようになっています。

具体的には、従来から存在する弾力のある一般的な菓子をゼリー、水分を多く含みとろっとした食感のある菓子をジュレ、
といった具合です。

このような違いはあるものの、菓子として見た場合の材料的な差に限れば、異なる言語ほどの差はないといえるでしょう。
日本においては、オシャレな音の響きに魅力が感じられることから、あえてフランス語を用いている側面もあります。

更に、お菓子の枠に限定せず、様々な料理でこの言葉が使用される場面が増えています。
とろみを付けて使いやすくしたり、独特の触感を加えられる調味料がそう呼ばれているので、現在の用法は従来の菓子だけではないことが分かります。

フルーツゼリー

逆にゼリーの方も、割りと料理に幅広く使われている言葉ですから、差は殆どなく食感の差程度で使い分けられていると考えられます。

ゼリーの言葉は、ローマ時代には既に存在していた煮こごり料理に使われていたので、実は古くから菓子以外にも使用されてきたといえます。

ゼリーは、18世紀から19世紀頃にフランスの職人が菓子に用いて、現代に通じる菓子のイメージを広め定着させています。

スポンサーリンク

ジュレとゼリーはどんな料理に使われる?

イギリスではうなぎのゼリー寄せが有名で、蒲焼が主流の日本とは大きく調理法が異なることで注目を集めます。
観光客からの人気も高く、地元では定番の料理ですから、この料理は代表的な一品と言っても過言ではないでしょう。

日本では刻んだ野菜と海産物を固めて、冷やしてテーブルに出すゼリー料理が人気となっています。
見た目に涼しく調味料も一緒に固められるので、新鮮な組み合わせの食感として受け入れられている傾向です。

菓子ではムースと組み合わせることによって、異なる弾力の食感が楽しめるスイーツも人気です。

ワッフルとゼリー
ジュレの方は、フランスだと調味料に用いられることが多く、調味料を固めて食材に乗せたり添えるのが一般的です。
ウニやイクラなどの海産物と、きのこ類を器に入れ固めたブランマンジェに、調味料のジュレを合わせるといった感じです。

ブランマンジェもゼラチンを固めた料理で、菓子にこの言葉が使われることも珍しくありませんが、今では菓子に限らずフランス料理を代表する調理法として有名です。

かきのジュレソース

日本でも調味料にジュレを使うケースは少なくないので、案外この使い方は幅広く普及していると考えて間違いないでしょう。

ゼリーも菓子だけでなく、料理や調味料にも用いられていますから、その違いは小さく明確に使い分けるのは困難です。

しかし、料理の発祥の地が明らかな場合は、地域に合わせて2つの言葉が使い分けられたりします。

様々な調理法が世界的に広まったり、各地でアレンジが進んでいる現代においては、2つの言葉にある違いは微妙で、日本でも明確に使い分けられているわけではないです。

元々はジュレとゼリーは何処の国で食べられているの

歴史的にはローマ時代まで遡り、肉や魚をゼラチン質で固めた、いわゆるゼリー寄せの原型が食べられていたとされます。
勿論、その後同様の料理はイギリスで誕生していますし、寄せ固めて作る料理は日本などでも普及しています。

前菜ジュレとゼリー寄せ

ただし、元々初めに何処の地域で食べられていたか詳細は不明ですから、特定の地域だけを限定せずに、幅広く多くの人達が食べられていた可能性もあります。

それまでは菓子を指して用いるイメージはあまりなく、18世紀後半から19世紀の初頭に掛けて、初めてジュレが菓子をイメージさせる言葉となりました。

海外では、中国発祥で日本でおなじみの杏仁豆腐も、スイーツ的な冷やし固めた菓子の一種と考えられています。
他にも豆の形をしたお菓子のビーンズや、寒天を固めて作られた菓子も同様に、日本でも幅広く愛されます。

ジュレはフランス語で菓子を指す言葉として広がりましたから、元々何処の国で食べられているかと問われれば、当然ながらフランスだと答えられるでしょう。

反対に、ゼリー料理を代表するイギリスのうなぎ料理は、18世紀に生まれて今も伝統的に根付いています。
ジュレがフランスで菓子を指す言葉として普及、定着したのとほぼ同時期に、イギリスでも共通点を持つ料理が登場しているのは注目に値するポイントです。

2つの言葉の間には、こういった歴史や違いがルーツに存在しますから、紐解いてみると今とは違う差があったことが理解できます。

現代ではあまり違いがみられなくなってきているので、差があるとしたら言語の違いや、料理発祥の地で呼び方が変わる位だと思われます。

まとめ

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

私自身あまり食べる事がないのでジュレとゼリーの

違いは、わからないです。

味もどのような感じなのか

これからジュレとゼリーを食べる機会があれば

違いを感じたいと思います。


スポンサーリンク




URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。