all-info ドットジェイピー



クリスマスイルミネーション仙台光のページェントを満喫する!

スポンサーリンク




冬の寒い時期には心が温かくなるような楽しいイベントがいくつもあります。

その中の一つがイルミネーションですね。

キラキラと光る美しい光に包まれて、思わずうっとりしてしまう
クリスマスイルミネーションは、

大人も子供も楽しめるイベントといえますが、仙台光のページェント
毎年、大勢の近県の方から海外の方で賑わっていますよ。

ピンクの電球は知っていますか?

たくさんの中からピンクの電球を見つけることが出来たら
何かいいことあるようですよ!

今年は仙台光のページェントを見に行ってピンクの電球を
探してみてはどうですか。

仙台光のページェント

仙台光のページェント1

宮城県仙台市で毎年開催されているのが、クリスマスイルミネーション仙台光のページェントです。

宮城県内では一番人気のイルミネーションで、

700メートルもの長さを誇る道路に並ぶケヤキ並木 には、
約60万個の光がライトアップされ、道路は輝きで埋め尽くされます。


この仙台光のページェントには毎年約250万人もの人が訪れて、大変なにぎわいを見せています。
ライトアップ期間は毎年12月の上旬からで、2017年は12月8日の金曜日から12月31日の日曜日までライトアップされます。
2018年は12月14日(金)~ 31日(月)
点灯時間は
日~木 17:30 ~ 22:00
金・土・23日(日・祝)・24日(月・祝) 17:30 ~ 23:00
31日(月) 17:30 ~ 24:00
日曜日から木曜日までは夕方17時半から夜22時まで、金曜日と土曜日は何と23時までライトアップされています。

最終日となる12月31日は 午前0時までライトアップが行われます。
大晦日に仙台光のページェントにくれば、2017年の最後をきれいな輝きの中で締めくくれるということになります。

スポンサーリンク

仙台光のページェント2017テーマ!

仙台光のページェント

毎年様々なテーマがあり、2017年はみんなで灯す、心の明かりというテーマを
もとにライトアップがなされます。

一番の特徴としてはイルミネーションが一斉に消えて、再び点灯されるスターライト・ウィンクと呼ばれるものです。

毎日18時、19時、20時の 3回にわたり行われるので、せっかく行くのであればこれを楽しみたいという人が多いので、
行われる時間帯は比較的混雑が予想されます。場合によっては前に進むことが難しくなることもあるので、
注意が必要となるでしょう。

注意
特にベビーカーを押して出かける人や小さな子供を連れて行こうと思っている人の場合には要注意です。
イルミネーションということで多くの人が上を見上げて歩いていることになるので、
背の低い小さな子供やベビーカーは視界に入りにくくなるでしょう。

そして仙台光のページェントを楽しみに、車で出向くという人も多いでしょう。その時に気になるのがやはり駐車場です。

毎年約250万人もの人が訪れるということで大変な混雑が予想されますが、
臨時の無料駐車場が用意されることもないので、近辺の有料の駐車場を利用することになるでしょう。

注意
開催場所付近にはたくさんの有料駐車場が存在しますが、現地に近くなるほど早く満車になり混雑も相当なことが予想されます。少し遠めの駐車場を選んで現地まで徒歩で向かう方法をとるのが一番安心かもしれません。

少し早めに車を駐車場へ入れる場合に地図を載せておきます。


寒さ対策は忘れずに!

仙台光のページェント2

また光のページェントを楽しむのであれば寒さ対策は必須となります。

輝きをみる場合には外を歩くことになるので、カイロやマフラー、手袋などはきちんと準備しておくようにしましょう。

さらに鑑賞後にどこかで食事をと思っているのであれば、事前に予約をしておくことをお勧めします。

またはじめて行くのであれば特に、事前にしっかりと地図で予習をしておき、
トイレのある場所もしっかりとチェックしておくようにしましょう。

仙台光のページェント公式ホームページはこちらから



クリスマスイルミネーション関西エリアの記事はこちらです。

icon-angle-double-right やっぱり仙台といえば牛タン!
ホントに美味しい。
ここの厚切り牛タンは最高でした。


まとめ

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

年末のイベント、仙台光のページェントを楽しむために

仙台市内の中心部での開催で交通量が多いので事故等ないように

楽しんでください。

関連記事





URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。