all-info ドットジェイピー






茨城でりんご狩り!旬はいつごろ?価格も詳しく

スポンサーリンク




adsense

茨城りんご狩り

はいつ頃なのか?

りんご狩りの価格も詳しく


茨城県奥久慈りんご園でりんご狩り!所在地とりんごの種類料金も詳しく

茨城県の久慈郡大子町にある奥久慈りんご園は、
甘くてジューシーなりんご狩りが楽しめると評判です。



所在地は久慈郡大子町盛金1719-2で、久慈川が見える国道118号線の近くにあります。

旬は9月中旬から11月下旬まで
で、約2ヶ月間りんご狩りを楽しむことができます。

りんごを樹の上で完熟になるまで熟成させてから収穫する樹上完熟が特徴ですから、
熟していてジューシーなりんごが味わえるのも納得です。

大子町の町内には約40ものりんご園がありますが、
中でも奥久慈りんご園は有名で代表的だといえます。

試食可能な上に食べ放題と太っ腹ですが、
ジュースやアップルパイなどの直売が行われているので食べ過ぎに注意です。

りんご狩りの料金は変更になることもあるので事前に要確認ですが、
ジュースやアップルパイは100~250円くらいの価格帯となっています。

ちなみに2021年の料金は、当日1名様1回限り400円でした。

幻のりんご高徳が狙い目ですが、フジや王林などの種類も取り扱っており、
これらも十分に美味しいのでおすすめですよ。

他にも陽光やシナノゴールドも取り扱っています。

もぎ取り可能で乗用車でも乗りつけられますし、バスにも対応しているので団体の利用も可能です。
家族や友人、仲間を誘って足を運ぶのにも適していますし、
アットホームなら奥久慈りんご園ならすぐに雰囲気に馴染めるでしょう。
りんご狩り2
辺り一帯がまさにりんごだらけなので、りんご好きにとっては楽園です。


茨城県奥久慈りんごのふる里黒田りんご園でりんご狩り!所在地とりんごの種類料金も詳しく

奥久慈りんごのふる里黒田りんご園は、奥久慈りんごを育てて78年の歴史があります。

旬は9月下旬から12月上旬ごろまでで、2022年は12月4日(日)ごろまでとなっています。

場所は大子町小生瀬4445で、茨城県道33号の常陸太田大子線から少し細い通りに入ったところにあります。


黒田りんご園はつがるや紅玉、千秋に世界一、スターキングやジョナゴールド、
陸奥に北斗、陽光といった品種を扱っているのが特徴
です。

他にもふじや王林がりんご狩りの対象ですから、食べ比べてみたり好きな品種を見つけて楽しめます。

料金は入園料が大人500円、子供が400円で、
子供は3歳から小学生までこの料金で入ることができます。

もぎ取りは1kgあたり750円からなので、
詳細については電話で問い合わせるか現地で確認することをおすすめします。
ふじりんご
お土産用にもぎたてりんごジュースやジャムの販売が行われていますから、
黒田りんご園に足を運ぶ際はこれらの購入も検討の対象になるでしょう。

開園時間は午前9時で普通乗用車100台、大型バス10台収容の無料駐車場完備なので、
遠方からでも足を運んでりんご狩りができます。

園そのものの収容人数は300名までで、団体による利用は要予約となっています。

国道461号や国道349号線からアクセスできるようになっているので、
以前よりも更に足を運びやすいりんご園だといえるでしょう。

袋田の滝や竜神大吊橋を通ってアクセスできるので、観光ついでの利用にも適しています。


Sponsored Link

茨城県奥久慈りんごの村本田りんご園でりんご狩り!所在地とりんごの種類料金も詳しく

奥久慈りんごの村本田りんご園は、
奥久慈りんごの村で初めてりんごの栽培を始めたりんご園です。

大子町の中でも歴史があるりんご園ですから、
古株といっても差し支えないでしょう。

本田りんご園の所在地は久慈郡大子町上岡156で、
国道461号線から茨城県道205号須賀川大子線のアップルラインに入って進むとすぐに到着です。


りんご狩りのシーズンは9月下旬から12月上旬までで、
午前8時00分から午後5時00分までの営業となっています。

料金は大人500円、3歳から小学生以下の子供が400円で、
園内では時間や数の制限なく試食することができます。

りんご狩りが楽しめる種類は早生ふじに昂林と清明やジョナゴールド、スターキングに
王林、王鈴や紅玉と名月で、陽光やシナノスイートにサンふじもあります。

中でもスターキングを栽培するりんご園は減少傾向にあるので、
本田りんご園は貴重な存在となっています。
りんご狩り3
シーズンが長くて料金は手頃と魅力的ですし、普通車50台、
大型バス6台収容の駐車場も完備しているので利便性が高いです。

貴重なりんごの栽培も続ける一方で、時代のニーズに合わせて新たな品種の栽培にも挑戦していますから、
足を運ぶ度に違った美味しさが楽しめるでしょう。

品種によって旬の時期は少しずつ異なりますが、だからこそりんご狩りの期間が長く、
いつ訪れても必ずいずれかの美味しいりんごがいただけます。

シーズン中は毎日無休での営業なので、週末や休日も都合の良い日時に足を運ぶことができます。


帰りに寄りたい観光スポット!

帰りに寄りたい観光スポット!

日立、北茨城、奥久慈の観光スポット!

参考にしてください。

茨城観光スポット
茨城県きのこ博士館
きのこのことがまるわかり
森のクラフトパークなど見所が沢山。

他にも神社めぐり、
渓谷、パーキングめぐり、水面から高さが約100mの
竜神大吊橋、竜神ダム湖の上にかかっている
日本最大級の景観を楽しんでください。

茨城県の日立、北茨城、奥久慈の観光スポット!
はこちらです

こちらもオススメです。
疲労回復ができる温泉!北関東エリアからピックアップしてみた

まとめ

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

是非、家族でりんご狩りを楽しんでください。


adsense
adsense

関連記事





URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)








いろいろな情報をわかりやすくお届け!
Return Top