all-info ドットジェイピー






お昼寝は何分!15分から30分程度が最も最適!効果をよくする仮眠法

「本ページはプロモーションが含まれています」
スポンサーリンク




お昼寝何分くらいが最適なのか?

日中の眠気が厳しい場合、短時間の仮眠が
集中力と注意力を向上させる助けになります。

ただし、長時間の昼寝は逆効果です。

適切な仮眠時間は何分間でしょうか?



昼寝の効果は!

無理に眠気をこらえ、作業や学習に専念しようとしても、
注意力と集中力が維持できず、パフォーマンスが低下します。


眠い場合は、一度短い仮眠をとることをおすすめします。
適切な仮眠を取ることで、眠気は意外にも解消されます。

昼寝の場所




なぜ昼間に眠くなる!

何故昼間に眠く感じるのかという疑問が生じますが、
昼は通常、交感神経が支配的で興奮しているため、
眠気が生じにくいはずです。


昼間の眠気の主な原因を紹介しましょう。




睡眠不足か睡眠負債?

昼間に眠く感じる原因の一つは、睡眠不足です。

前日に夜更かしをしたり、遅くまで忙しく働いたりすると、
睡眠時間が足りません。


不十分な睡眠では脳が十分に回復できず、
休息が必要な状態が続くため、眠気が生じます。

一時的な睡眠不足なら、早く寝ることで解消できます。

しかし、慢性的な睡眠不足は睡眠負債を積み重ねる原因となり、
少しの睡眠増加では脳の疲労が解消されず、集中力や注意力の低下、眠気などが続きます。

午前中は頑張って仕事していても、昼食後にリラックスすると、
副交感神経が活発になり、眠気が出やすくなります。

眠気




意欲の低下か!

「仕事をこなさなければいけない」
「授業を真面目に受けなければいけない」という強い意志があると、
眠気を抑えることができます。

ただし、昼食後に飽腹感を感じ、満足感が生じると、
「意欲の低下」が起こりやすくなります。


また、食事の消化と吸収のために副交感神経が優位になるため、
昼食後に眠気が生じやすいのです。




作業に飽き!退屈感に

午前中から仕事や学習をしていて、
特定のタスクに飽きて退屈を感じると、眠気が出やすくなります。


これは会議などで眠気が生じるのと同じ原理です。


自覚はあるものの、眠気が妨げになることがあります。

お昼寝時間




昼寝をすると眠気が覚めるのか!

このような生活習慣による眠気は、
いっそのこと仮眠を取ることで解消されます。

適切な時間の仮眠を取ることで、眠気は抑えられ、
集中力や注意力が高まり、仕事や勉強の効率が上がります。


つらい眠気に困っているならば、
思い切って昼寝をするようにするとよいでしょう。




適切な昼寝の時間は?

どうせだったら眠気が完全に覚めるまで昼寝をしたいものです!

しかし現実問題、そうはいきません。

昼休みなどの限られた時間で眠気を解消するためには
適切な昼寝の時間を取ることが必要です。


昼寝の時間はどのくらいがよいのでしょうか?

お昼寝時間




昼寝の時間!15-30分程度がいい?

思うよりも短いかもしれませんが、
昼寝の適切な時間は約15分から30分です。

これはノンレム睡眠とレム睡眠の役割に基づいています。

ノンレム睡眠は脳の休息段階で、眠気を解消するのに効果的です!



どうして15分程度なの?

ノンレム睡眠は、眠りの深さに応じて1から4のステージに分かれます。

最初の5分ほどは浅い眠り(ステージ1)、
その後5分からステージ2の眠りに移行します。


さらに20分以上経過すると、ステージ3の深い眠りに入ります。

寝不足




ステージ2で起きるのがポイントに!

ステージ3を越えれば、ノンレム睡眠は深い眠りに入ります。


この段階で目覚めても、眠気や疲労感が残ることがあります。

逆に、ステージ2までで昼寝を終えると、ノンレム睡眠の恩恵を受けつつ、
浅い眠りなので目覚めが爽やかです。


個人差があるため、15分から30分程度で目を覚ますのが理想的な昼寝の時間です。




仮眠は長すぎるとNG!

逆に、30分を越えて昼寝をすると、ノンレム睡眠が深くなり、
目覚めが爽やかでなくなります。

脳の休息効果が増し、夜に入眠しにくくなることもあるでしょう。


昼寝の時間は、寝付くまでの期間を含めて15分から30分程度に
抑えるのがベストです。

眠気覚まし




適切な仮眠方法は?

仮眠の時間を確保しても、
方法を誤ると逆に眠気が増すことがある。


昼間の仮眠で留意すべき要点を示します。

お昼寝外




人が眠くなる時間!昼食後〜14時くらい

昼食後から午後2時までの間は、副交感神経が活発で満腹感が持続し、
最も眠気が出やすい時間帯になります!

昼寝を考えるなら、この時間帯に取ると、
眠気の解消や集中力の向上に効果的です。



15時をすぎたら眠気は我慢!

昼食後に15時以降になると、眠気が生じることがあるが、
この時間帯での昼寝は避けた方が良い。

夕方に近づき、副交感神経が活発になり、夜の睡眠の準備が進行中であるため、
この時間に昼寝すると夜遅くまで眠れなくなることがある。

珈琲タイム




時間が取れたら毎日昼寝をしてもいい?!

昼食後から午後2時までの15分ほどの昼寝は、
夜の眠りにほとんど影響を及ぼしません。

眠気の解消と疲労回復のため、時間が許すなら毎日昼寝しても、
生活リズムに大きな影響はありません。


安心して昼寝を楽しむことができます。




昼寝前にカフェイン摂取をすると覚醒が促される!

15分の昼寝後にスッキリ目を覚ますために、昼寝前にカフェインを
含む飲み物(コーヒーや緑茶など)を摂取するのがおすすめです。

カフェインが昼寝中に効果を発揮し、覚醒を促します。

ただし、過剰なカフェイン摂取は夜の入眠を妨げる可能性があるため、
カフェインサプリメントなどの使用は控えた方が良いです。

カフェイン摂取




昼寝時間は30分を超さないように!

昼寝が30分以上になると、眠気や疲労感が強まり、
夜の睡眠にも悪影響を及ぼすことがあります。

アラームを使って15分で目を覚まし、
その後二度寝を避けることが大切です。

15分の仮眠を終えたら、しっかりと起きて、
眠気が残っている場合は冷たい飲み物を摂るか、
顔を洗うなどの対策を取りましょう。

美肌の湯を求めて!
美肌の湯の温泉!滋賀県の美肌の湯は

 

箱根の湯も最高ですね!
水虫に効く温泉!最高の箱根温泉で美肌効果も期待




まとめ

・不足した睡眠や寝不足が、日中に眠気を引き起こすことがあります。
・昼食後、意欲が低下し、眠気の原因となることがあります。
・仕事や学習の単調さも眠気を誘発する可能性があります。
・昼寝は眠気の緩和に効果的ですが、15分から30分程度が適切です。
・これを超える昼寝は、深い眠りに陥り、目覚め時の強い眠気や疲労感を招くことがあります。
・最も強い眠気が生じるのは、昼食後から午後2時頃で、このタイミングでの昼寝が効果的です。
・午後3時以降に昼寝をすると、夜間の睡眠に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

 

関連記事



URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)








いろいろな情報をわかりやすくお届け!
Return Top