all-info ドットジェイピー






嫌われる人がよく使う言葉!このような言葉使っていませんか?

「本ページはプロモーションが含まれています」
スポンサーリンク




嫌われる人よく使う言葉

良好な対人関係を構築する上で、
他人の感情や考えに配慮することは重要な要素です。

しかし、気づかないうちに相手を不快にさせてしまう
言葉を言ってしまうこともあるのです。

この記事では、
他人に嫌悪感を抱かせる可能性のある特定の発言について解説していきます!

 

 

普段無意識で使っている言葉で!

あなたが知らず知らずのうちに使っている、
人から敬遠されるような言葉はありませんか?

そんな口癖が、あなたにとっての機会を奪っているかもしれません。

「いつも何も悪いことをしていないのに、なぜか人に嫌われてしまう…」
これは、もしかしたらあなたの無意識の口癖が原因かもしれません。

嫌われる人1

 

 

だから言ったのにとか決まってるじゃんとか!

「だから言ったのに」や「決まってるじゃん」というフレーズを使う人は、
他人から見て少し傲慢に感じられ、煙たがられる傾向にあります。

例えば、誰かがミスを犯した時に「もう、だから言ったのに!」
非難する人がいます。

これを聞いた人は、「本当にそんなこと言ったっけ?」
苛立ちを感じることが多いです。

また、「決まってるじゃん」「常識でしょ」といった言葉を
使うのも人に嫌われる行動の一つです。

話し手は注意を促しているつもりでも、
聞き手には単に迷惑な存在と映りがちです。

 

 

若いのにしっかりしてるね!

このフレーズには、若者への過剰な先入観が込められていることが多いです。

これを言うと、相手が自身の未熟さを指摘されていると感じ、
反感を買うリスクがあります。

嫌われる人

 

 

疲れてる?

相手が疲れているかどうかを顔つきや態度から推測して
質問するこの言葉は、相手に不必要な心配を抱かせる可能性があります。

たとえ実際には疲れていなくても、
疲れていると思われること自体が気分を害することがあります。

 

 

自慢じゃないけど〜

この表現は、表面上は控えめに見えるが、
実際には自分の成功や経験を巧みにアピールしていることがしばしばです。

これにより、他人に劣等感を感じさせる可能性があります。

自慢じゃないけど~

 

 

できたらやります!

この言い回しは、他人から見て意欲や責任感が
不足していると解釈される恐れがあります。

約束や業務への取り組みが不明確であると
見なされる可能性もあります。

 

 

どうしてそんなこともできないの?

「批判的な言い方での質問」は、
心理的には相手に対する攻撃と受け取られがちです。

もし批判する必要がある場合、
通常の指導の方法を選んだ方が良いでしょう。

どうしてそんなこともできないの?

 

 

時代もあるのかな

このフレーズは、相手の見解や思考を、
現代の傾向や時代の問題であるかのように扱っているように感じさせます。

意見の相違を理由に、世代全体を批判するのは好印象を与えません。


相手を個人として敬うことが大切です。

 

 

あの人はできたのに

他者との比較を行う言葉は、
しばしば相手に大きな精神的な傷を与えます。

他人と比べて指導することは、指摘された本人にとっても、
比較された側の人にとっても有益ではありません。

あの人はできたのに

 

 

あの人はできるのにと、他人と比較してしまう!

この言葉は、相手に深い心の傷を
負わせる可能性があります。

兄弟や部下など、人と人を比較することは決して
その人の利益にはならず、ただ反感を買うだけです。

 

 

根拠は?としつこく、聞く

たとえば「トイレを綺麗に保つことで経済的に恵まれる」と
いうアドバイスをしても、「どんな根拠があるの?」や
「科学的証明は?」と質問する人は、

理論的過ぎて周囲から疎まれがちです。

根拠は?

 

それは違いますよといちいち否定する

自分が他人よりも賢いと示したがる人は、
この行動をしがちです。だが、

常に否定的な態度を取る人に対しては、
最終的に誰も話さなくなります。

「あなたの考えも理解できます」と受け止めた後、
自分の見解を述べることが肝心です。

 

 

否定ばかりでは!

「人から敬遠される話し方」の典型的な例には、
「他人の言うことを否定する」や「頻繁に悪口を言う」
といった傾向があります。

 

 

自分の話ばかりする、人の話を聞くことができない

自分のことばかり話す人がいると、外から見ると会話が
盛り上がっているように見えるかもしれませんが、
実際には相手は少し飽きていることもあります。

「この人は自分のことばかり話して、私には関心がないのかな」と
感じることがあります。

特に一部の男性は、自己アピールのためについ「自分語り」
に偏ってしまいがちですが、これは実際には逆効果になることが多いです。

自分の話ばかりしていると、
相手との関係が深まることはありません。

自分の話ばかりする、人の話を聞くことができない

 

 

わかる!私もこの前~私って~じゃん

自分が話している最中に、相手が「わかる、わかる!
私も最近こんなことがあって…」と話を中断して自分の話を始めたら、
どんな気持ちになるでしょうか?

人から敬遠されがちな人は、しばしば他人の話に共感するふりをしつつ、
実際には「そういえば私も…」と自分の話を展開します。

このような行動は、自己中心的で思いやりがないと捉えられがちです。

また、「ねえ、私ってさ、現在の会社で2年目だよね?」と
いった話し方もあります。

こう問われても、聞いている側は「それ知らないけど」と
感じてしまうことが多いです。

 

 

「はいはい」「わかったわかった」!

「はいはい」や「わかったわかった」といったフレーズを
無意識に使う人がいます。

これらは実は、相手をイライラさせやすく、
不評を買いやすい口癖です。

話をしている側は、これを単なる返事として言っているかもしれませんが、
熱心に話している人にとっては、「はいはい」と返されると
自分の話が軽んじられていると感じることがあります。

「わかったわかった」「うんうん」「なるほどなるほど」といった繰り返しのフレーズも、
「本当に理解してるのかな?」「ちゃんと聞いてるのかな?」と
いう疑問を相手に抱かせやすいので、注意が必要です。



お昼寝は気持ちがいいですね!
お昼寝は何分!15分から30分程度が最も最適!効果をよくする仮眠法

 

まとめ

このような小さな言葉遣いにも、
他人の感情や印象に影響を与える力が潜んでいます。

意図的に言葉を選び、相手を敬う態度を取ることで、
もっと良いコミュニケーションが可能になるはずです。

 

関連記事



URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)








いろいろな情報をわかりやすくお届け!
Return Top
//Begin Really Simple SSL session cookie settings @ini_set('session.cookie_httponly', true); @ini_set('session.cookie_secure', true); @ini_set('session.use_only_cookies', true); //END Really Simple SSL cookie settings