all-info ドットジェイピー

筋トレをする女性が増加!腹筋がキレイに割れている身体になりたい!

スポンサーリンク




24時間営業のジムが増えてきて女性がジムに通いやすくなったこともあり

仕事が終わった後に2時間~3時間、休みの日には朝食前にジムへ行く
という女性も。

みんなの目的は?

筋トレをして腹筋を鍛え、自分の腹筋が割れるのを目標にする女性が
増えているようです。

筋トレ女性

腹筋が分かれた線が美しい

美しく分かれた腹筋

真ん中の縦の線、腹直筋を鍛えることを目標にしていくことで

女性の腹筋はキレイに見えるようです。

女性の腹筋皮下脂肪を少なくしていく事も忘れずに、

腹筋の上には皮下脂肪があるので皮下脂肪を少なくしていくことで
腹筋の形が見えやすくなります。

女性ホルモンの働きにより、丸みを帯びやすい女性は
男性と比べるとクッキリとした腹筋を作るのが難しい身体のようです。

スポンサーリンク

女性にあった筋トレの方法!

まずは自宅でもできるトレーニング方法
いくつかあげてみます。

[su_note note_color=”#efe89c”]スクワット

お腹の皮下脂肪から太ももの裏など下半身にも効果があるトレーニングで有効に皮下脂肪を少なくする方法。

クランチクランチをする女性

腹筋を鍛える上でクランチは簡単に自宅でできるトレーニングであおむけに寝て膝を立て手は頭の後ろへ、腹筋を意識しながらゆっくり起き上がり、またゆっくりもどるの繰り返しです。

二の腕引き締め

スクワットやクランチはやっていくうちに背中なども筋肉がついてくるのですが、二の腕だけはたるんだままではカッコ悪いので二の腕引き締めも取り入れましょう。

二の腕引き締め方法は、足を肩幅に開き腰をかがめて両腕をひねりながら後ろへ上げるイメージで少し戻し、またゆっくりひねりながら後ろへの繰り返しです。[/su_note]

他にも腹筋ローラー、ダンベルなどの器具を使っていくのも効果的です。

腹筋ローラーとダンベル

icon-bolt これを毎日やると効果的ですが、難しいかたは、
最初は週に3回目標に、徐々に1日おきにと最終的に毎日の習慣化にしていきましょう。

歯磨きやお風呂に入るように毎日当たり前にやる
習慣化してしまうことで
やることが当たり前になっていくでしょう。

ジムでできる腹筋の鍛え方

ジムでの鍛え方は、数が多くまず、ジムのスタッフと相談をして
鍛えるポイントをおさえてもらいプログラムを作り計画的に進めます。

ジムでは鍛える箇所によって器具を使い効率的に鍛えることが可能です。

その分、短時間んで効率のいい汗をかくことができ

苦痛と思うトレーニングも楽しいトレーニングになるはずです。
ある程度たつと早くジムに行きトレーニングがしたい、に
変わると思います。

ケーブルトレーニング
icon-check-square  疑問に思う事やトレーニングに不安がある時はすぐにでも
スタッフに相談してアドバイスしてもらい不安を取り除き進めることが大事です。

[su_box title=”トレーニングの強い味方” style=”glass” box_color=”#e35156″]鍛えていくうえで補助サプリメントが強い味方になってくれます。脂肪燃焼や筋力アップをサポートしてくれます。

中村アンを始め、黒木メイサ、西内まりや、土屋太鳳etc…などのパーソナルトレーナーを務める カリスマ クロスフィットトレーナーのAYA先生が監修して、開発したボディメイクサプリントB.B.Bトリプルビー
AYA


女性のためのサプリメント、ブルーベリー味で美味しく、水なしでもそのまま飲める。

特典として AYA直伝トレーニングDVD(非売品)付き!これを見てトレーニングに磨きをかけることが。

icon-check BBB(トリプルビー)

[/su_box]

 

 継続していくことで!

継続して行く事で身体が絞られ軽く健康になり太りにくくなっていき

代謝も良くなります。

無理することなく継続して身体にいい、美容にいいストレスのない毎日が過ごせる

筋トレにも詳しくなり、人にアドバイスをしたり食事にも気を配り
家族にもプラスになることでしょう。

何をするにも継続は力になり周りの人を幸せにしてくれそうですね。

ジムで歩く

まとめ

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

筋トレに限らず途中で挫折してしまうと無駄にしてしまった時間は
戻ることはありません。

まずは、目標を立てて1週間がんばる、1週間頑張れたら1ヶ月、3ヶ月と
目標を達成していけたら、他に仕事などの目標も達成できるようになって

変わっていけると思います。

私もがんばります。


スポンサーリンク




URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。