all-info ドットジェイピー






機動戦士ガンダム!本当のシーンがあるウソのようなホントの話

「本ページはプロモーションが含まれています」
スポンサーリンク




1979年に放送されたアニメ『機動戦士ガンダム』は、
その後もシリーズ化され、多くのファンに愛され続けている名作です。

このアニメには、視聴者を引き込むシーンだけでなく、
信じられないような驚きの場面も含まれています。

今回は、番組内で実際に放送された、
驚くべき衝撃的なシーンを紹介します。






有名なセリフ!

「機動戦士ガンダム」の第9話「翔べ! ガンダム」では、
主人公のアムロ・レイが「親父にもぶたれたことないのに!」と
いう印象深いセリフを発するシーンが登場します。

有名なセリフ!






他人をビンタしている!

このセリフは、アムロ・レイがホワイトベースの艦長である
ブライト・ノアに平手打ちされた時に発したものです。

興味深いことに、アムロ自身も過去に他の人物に
ビンタをしていたという事実があります。






第1話を振り返る!

それでは、その特定のシーンが含まれる第1話

「ガンダム大地に立つ!!」を振り返ってみましょう。

本当のシーン




ザクが襲撃して来る!

ジオン公国軍のザクによって襲撃されるアムロの故郷、
スペースコロニーサイド7。

この突然の攻撃により、コロニー内は一瞬にして混沌とし、
避難を試みる住民たちで溢れ返る状況となります。






避難している途中で!

物語の主要人物であるフラウ・ボゥは、
避難中に幼なじみのアムロを発見し、
彼に合流して一緒に逃げるよう声をかけます。

しかし、その時、フラウの背後で爆撃が発生します。

彼女が振り向くと、目の前には爆撃によって命を落とした
多くの人々の姿がありました。

悲しいことに、その中にはフラウの
母親と祖父の姿も含まれていました。

ザクが襲撃して来る!






アムロは往復ビンタを!

フラウは母親の遺体のもとへ行き、深いショックで泣き崩れます。

その場から早く逃げるようアムロが彼女を促すものの、
フラウはそれを聞き入れません。

そこで、アムロは動揺しているフラウに対し、
往復ビンタを行いました。

これにより、心神喪失状態にあったフラウはようやく
重い足を動かして避難を始めます。

しかし、彼女の口からは「親父にもぶたれたことないのに」
といった言葉は出ませんでした。






他にもある!

驚くべきシーンは他にも存在します。

特に注目すべきは第12話「ジオンの脅威」
にて見られる出来事です。

他にもある!

 

 

グフで襲撃!

ジオン公国軍のランバ・ラル隊がホワイトベースを発見し、
新型グフで攻撃を仕掛ける場面があります。

これに対応するため、ブライトはハイパー・バズーカを装備した
ガンダムにアムロを搭乗させ、出撃を命じました。

しかし、ランバ・ラルが操るグフの先制攻撃を受けて、
アムロは瞬間的に動揺します。

 

 

ザクを追いかける!

その後の展開では、

アムロが後退するグフと2機のザクを追跡しますが、

敵の待ち伏せに遭遇し、不意を突かれてしまいます。

 

 

ここで問題のシーンが登場!

出撃時にはガンダムがハイパー・バズーカを
装備していたにもかかわらず、

グフとザクの攻撃を受けるシーンではビーム・ライフルを
手にしていることが確認できます。

さらに、シーンが変わると、ガンダムの装備は再び
ハイパー・バズーカに戻っているのです。

ここで問題のシーンが登場!

 

 

制作陣のミスなのか!

アムロがニュータイプであるために、
彼が一瞬で武器を変更できるのか、

それともこれは単純に制作上のミスなのか、
その真相ははっきりしないままの謎のシーンです。

 

 

ウソのようなホントにあったシーン!

実際に存在する驚きのシーンは他にもあります。

例えば、第31話「ザンジバル追撃!」の最初の部分で、
作戦会議を終えたブライトと共にいたミライ・ヤシマが、
バギーでホワイトベースに戻るシーンが挙げられます。

制作陣のミスなのか!

 

 

スロー再生!

このシーンは一見普通に見えますが、
実はスローモーションで見ると、
ブライトが意外な行動をとっていることが分かります。

彼は運転席の右側、助手席に座っているミライの方へ
右手を動かし、彼女の下半身に手を伸ばしているように見えます。

 

 

通常ではわからない!

このシーンでは、ブライトがミライの身体に手を
触れているように見えますが、実際にはバギーの
ブレーキをかけている際にミライが前方に倒れないように
支えているとも解釈できます。

通常の再生速度ではその動作が非常に短く、
容易に見過ごされがちな一瞬の出来事です。

映画コナン「名探偵コナン 100万ドルの五稜星映画コナン」
函館舞台で平次VS怪盗キッド!来年4月12日に公開

 

まとめ

今回挙げたような信じられないような本当のエピソードを、
「機動戦士ガンダム」を見ながら確かめてみるのも一興かもしれませんね!

これらのシーンの真実については、はっきりとは分かりませんが、
検証すること自体が面白いかもしれません。

関連記事



URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)








いろいろな情報をわかりやすくお届け!
Return Top
//Begin Really Simple SSL session cookie settings @ini_set('session.cookie_httponly', true); @ini_set('session.cookie_secure', true); @ini_set('session.use_only_cookies', true); //END Really Simple SSL cookie settings