all-info ドットジェイピー






祭りの里の集いカフェ!石窯ピザのカフェカブキ長野阿南町新野人生の楽園物語

「本ページはプロモーションが含まれています」
スポンサーリンク




阿南町新野、下伊那郡に位置するこの地は、
豊かな自然に恵まれた歴史深い山村で、
毎年1月に開催される夜通しの「雪祭り」で広く知られています。

この素晴らしい地域に、竹原由紀さん(58歳)が
長男の栄登くんを連れて移住してきました。

彼女が物語の中心人物です。

 

気楽に集える場所!

由紀さんは、新野にカフェやコンビニエンスストアが存在しないことに注目し、
地元の人々が気軽に集まれる空間を提供したいと考えました。

その結果、昨年「カフェ カブキ」を開業しました。

このカフェでは、薪窯で焼いたピザや地元新野産の野菜を使用した
パスタが特に評判となっており、常に地域住民が
集まっては賑やかな会話を楽しんでいます。

薪窯で焼くピザ

 

即行動派

出身地は愛知県の名古屋市で、
元々システムエンジニアとしてのキャリアを持つ由紀さんは、
英語に堪能であり、休みを利用して海外への旅行を楽しむなど、
好奇心旺盛で思い立ったらすぐに行動に移す性格です。

37歳で離婚した経験を持ち、
その後はインターネット上で雑貨販売のビジネスを立ち上げました。

ビジネスに打ち込む中で、
パートナーとの間に生まれた長男の栄登くんと共に生活しています。

8年前、シングルマザーとして息子を育てる決意を固め、
以来、栄登くんのために尽くしてきました。

 

 

移住を決意!

由紀さんは、生物や自然に対する深い愛情を持つ息子、
栄登を自然豊かな環境で育てたいという願望を持っていました。

この思いから、田舎の学校を探し始め、
高齢化が進むが地域住民の有志が積極的に移住支援を
行っている阿南町新野に目をつけました。

この地で自然と共に遊び、
学べる環境を求め、栄登くんと共に移住を決断しました。

 

集いの場所を作ることに!

新野での日々を過ごすうちに、

「この地域にはコンビニやカフェが一つもない。

住民たちはどこで交流や会話を楽しんでいるのだろう?

もし無いなら、自分がそんな場を提供しよう!」と思い立ちました。

カフェカブキ

 

カフェカブキをオープン

この町には、移住支援をしてくれた地元の人々が
集まりの場として利用していた、
以前から「株木」という名で知られる空き家が存在していました。

由紀さんはこの建物を利用することに決め、
昨年の4月に「カフェカブキ」という名前でカフェを開業しました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カフェカブキ(@coffekabuki)がシェアした投稿

 

サービス精神旺盛

栄登くんは現在、中学3年生で、
思春期の真っ只中にいます。

彼は母親、由紀さんと共に過ごしていた部屋から
自分だけの空間をこっそりと作り出すなど、
独立心を見せ始めています。

由紀さん自身はカフェで創造性豊かなメニューを考案しており、
特に薪窯で焼いたチーズがたっぷりのピザが人気です。

彼女は「お客様に喜んでいただきたい」という
強いサービス精神を持っています。

また、名古屋出身の由紀さんは故郷の味を取り入れた
ナポリタンを鉄板と卵で作り、これが『カフェ カブキ』での
最新のヒットになっています。

食事の後には、「食べてね」と言ってお客様にお菓子を提供するなど、
心からリラックスしてもらいたいという願いを込めたサービスを提供しています。

 

雪祭り

今年も、600年を超える歴史を持つ「雪祭り」の時期が訪れました。

この祭りは、国が重要無形民俗文化財と認定している伝統的な行事であり、
夜通しで続く厳かな式典に、由紀さんの息子である栄登くんが参加する予定です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カフェカブキ(@coffekabuki)がシェアした投稿

 

カフェカブキ

カフェカブキ
〒399-1612 長野県下伊那郡阿南町新野1030−6



TEL;070ー8339ー4760

 

カフェカブキへのアクセス

道の駅 信州新野千石平、
〒399-1612 長野県下伊那郡阿南町新野2700
から、徒歩で約15分
クルマで約2分



飯喬道路千代ICからクルマで約37分



飯田線伊那小沢駅、
〒399-1201 長野県下伊那郡天龍村平岡
からクルマで約27分
南部公共バス 温田線で約1時間



蔵王のキツネ村!
蔵王キツネ村!キツネの抱っこタイムが外国人に人気らしい

 

まとめ

由紀さんは、神秘に満ちた新野に足を踏み入れ、
そこで新しい輝く場所を創出しました。

彼女は新野を「新たなふるさと」と称し、
その夢を実現させるために支えてくれる地域の人々、
そして日々成長を遂げる息子の栄登くんと共に、
温かな日々を過ごしています。

この物語では、そんな彼らの暖かくも希望に満ちた日常生活をご紹介しました。

関連記事



URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)








いろいろな情報をわかりやすくお届け!
Return Top
//Begin Really Simple SSL session cookie settings @ini_set('session.cookie_httponly', true); @ini_set('session.cookie_secure', true); @ini_set('session.use_only_cookies', true); //END Really Simple SSL cookie settings