all-info ドットジェイピー

プロスポーツチームの 多い県 少ない県 !どう違う

スポンサーリンク




プロスポーツチームを誘致している

県では人が多く来ることもあり

景気が良くなったりしているのでしょうか!

プロスポーツチームの多い県は!

プロスポーツチームの多い都道府県を見ていくと当然なら人口が集中している地域が多く、
東京や大阪をイメージする人が結構いますが、実はそこではなく、神奈川県が多いです。

横浜市と川崎市、そして相模原市という3つの政令指定都市を抱え、それぞれでプロスポーツチームを抱えています。

特にサッカーチームが非常に多く、J1からJ3までに6チームが存在します。サッカー大国静岡でも4つのサッカーチームにとどまり、神奈川県のサッカー熱は非常に高いことがわかります。

プロスポーツチームサッカー

野球とサッカー、バスケ、この3つがプロスポーツチームとして地域に根ざしているものですが、これで見ていくと、東京や神奈川、愛知が多いです。

東京都はプロ野球チームもサッカーチームもバスケットボールチームも満遍なく存在しますが、愛知県はバスケットボールのチームだけで4チームあります。

しかも、いずれもトップカテゴリーに属するなど強豪チームばかりです。神奈川県はサッカーが、愛知県はバスケがそれぞれ多くなっています。

少ない県はサッカーのチームしかない県が多く、バスケのみというところは少数派です。

これに独立リーグを含めると大きく変わりますが、基本的には大都市圏に集中している格好です。

静岡県はバスケのチームがなく、サッカーだけで4つのチームがありますが、これは静岡がサッカー大国だからであり、地域ごとにチームがある状況です。

人口を考えればかなり異例のことであり、神奈川県とはそのあたりが違います。

地方では、やはり仙台に集中していて野球、サッカー、バスケット、バレーボール、女子プロレス、プロボクシングと
まんべんなく各種スポーツがある県は珍しいようですね!
セミプロスポーツを入れるとすごい数になり、仙台に誘致している密着プロスポーツは定着しているようです。

基本的には大都市圏が多くなるのは当然ですが、その地域の特色が如実に出るのもこうしたものを比較していく中でわかります。

スポンサーリンク

プロスポーツチームの少ない県は!

プロスポーツチームが少ない県ですが、サッカーしかない県がかなりの数に及びます。


例えば山梨県は長らくJ1やJ2で存在感を見せているチームがあり、地域密着型で経営を盛り立てているのが特徴ですが、
プロスポーツチームはそこしかありません。


岐阜県もそうですが、岐阜県の場合にはそのチームは経営危機に度々襲われ、なかなか浮上のきっかけをつかめていない状況です。


こうしてみていくと、1つしかないような県は経営が大変だった状況を少なからず経験しています。

一方、バスケのみというところでは青森県が該当します。


ただ青森県はJFLと呼ばれるJ3の下のカテゴリーに2チームがおり、その中の1チームはJ3ライセンスを取得するなど、
サッカーのプロ球団ができる可能性が高まっています。

プロスポーツチーム野球

今後複数の球団が昇格する可能性を残している状況です。このように現在は1つだけでも、実は下のカテゴリーで頑張っているところは多い状況であり、プロスポーツチームが少ないところであっても、将来的には複数のチームが誕生する可能性もあります。

今後サッカーのプロチームが誕生する可能性があるのは奈良県です。


すでにJ3ライセンスを獲得しており、あとは昇格するのみです。


このチームが有名になったのは天皇杯で1度J1のチームにPK戦で勝ったものの、審判のルール適用のミスによりPK戦のやり直しが行われ、負けてしまいました。着実に強くなっており、プロチームになるのは時間の問題です。


愛媛県にもそうしたチームが1つあるなど、勢力図が大きく変わる可能性は秘めている状況です。

プロスポーツチームがない県はあるの?

野球もサッカーもバスケもプロスポーツチームが全くない県がいくつかあります。


例えば宮崎県は1つもありません。正確に言えばバスケットボールで1つのチームがプロとして活動していましたが、経営不振などで活動休止を余儀なくされ、現在は1つも存在していません。

プロスポーツチームバスケットボール

キャンプ地としては非常に有名ですが、実際にチームは全くないという状況になっていますが、サッカーチームではプロまであと一歩のチームがあります。


ライセンスが交付されておらず、現状はまだまだです。

次に和歌山県です。こちらは野球の独立リーグチームやバスケットボールチームが活動していたことはあるものの、やはり経営不振で撤退を余儀なくされています。


バスケチームの場合はいったん社会人チームとして活動するものの、再びプロのライセンスを取得して復活しようという状況にありますが、こちらも苦戦しています。


宮崎と和歌山に共通しているのは、どちらもなかなかスポンサーなどに恵まれず、経営基盤をしっかりとしていくだけで結構苦労している点です。

プロ野球の独立リーグのみが存在する県も少ないですが、存在します。


それが福井県と高知県です。福井県は2008年に独立リーグチームが誕生し、空白地から抜け出すことができました。


高知県もそれより数年前に独立リーグチームが誕生しています。


有名人が多いチームと言われ、元メジャーリーガーなどが在籍し、多くの観客を集めていましたし
独立リーグとバカにしないでくださいここから這い上がってプロ野球のドラフトにかかる選手は確実に
増えていて頑張り次第ではプロの道が待っているリーグですね。


これらの県は独立リーグはプロかどうかによって判断が分かれるところです。いずれにしても純粋にプロチームがないのは宮崎県と和歌山県です。

まとめ

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

プロスポーツチームをみると

野球とサッカーはほぼ地域に定着していますが

他のスポーツで地域密着していく事のむずかしさが

結構目立ちますね!

みんなでできる事が有ればやっていき、定着してもらうことで

強くなると私は思っています。


スポンサーリンク




URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。