all-info ドットジェイピー






兵庫県洲本市の人生の楽園!体験牧場を始めたご夫婦

スポンサーリンク




adsense

兵庫県洲本市

人生の楽園

体験牧場を始めたご夫婦を
紹介していきます。


馬は家族!夫婦の出会いと結婚

兵庫県洲本市の山下さんは、2013年の春に岡山の棚田で再生事業に携わっていたところ、
視察に訪れた洲本市の職員に出会ったのが移住の切っ掛けです。

また婚約者の恵子さんが尼崎から移住した事で、
淡路島で結婚を果たし夫婦となりました。
淡路島
ご主人の勉さんはいわゆる転勤族で、洲本市に移住する前は大阪に暮らしていました。
奥様の恵子さんは生まれてこの方尼崎からは殆ど出た事がなく、
淡路島での生活も新鮮で未知なものだったそうです。

奥様にとって淡路島における旦那さんの存在は大きく、
先に勉さんが淡路島で生活を始めて地域に溶け込んでいたからこそ、
恵子さんもすんなりと馴染む事ができました。

尼崎から出たこ事がなかった恵子さんでしたが、
子育てに関しては昔から環境の良いところという思いがあったようです。

それは工業地帯の尼崎で長らく生活をしていたからで、
子供には自然豊かな環境で伸び伸びと育って欲しい、そういう気持ちが自然と芽生えたわけです。

漠然と山や海があって自然と触れ合える環境を理想に思い描いていたので、
淡路島はまさに理想が実現する環境だといえます。

そして淡路島での生活は馬と過ごす事に価値を見出す事に繋がり、
楽園体験牧場の挑戦に発展しました。

淡路島は元々馬産地だった事もあり、馬にとっても過ごしやすい環境ですし、
馬と触れ合える機会は少なくないです。

乗馬やホースセラピーの施設などが充実する環境に身を置く事で、
山下さん夫婦はいつか自分達も馬と事業を起こしたいという気持ちが強くなり、
それがこの事業の切っ掛けになりました。


淡路島で体験牧場を始める事に!?

兵庫県洲本市で体験牧場を始める事になったのは、
馬と触れ合える環境が既に整っていた事が、切っ掛けとして大きなものです。

地域おこし協力隊として農政事業に励んでいた夫の勉さんは、
並行する形で起業に向けた準備を始めていました。

体験牧場を事業にしようとしたのは、協力隊の任期満了が迫る時期に、
風月という馬と出会った事が理由の1つです。

風月は高知県の農業学校の馬術部で飼われていた馬ですが、
農耕馬という事もあり馬術向きではありませんでした。

そして行き場を失っていたところ、
事情を耳にした勉さんが風月を引き取って個性を活かす道を模索し始める事になります。

馬との触れ合いの場を作れば風月の個性が活かせるのでは、
そう勉さんは考えてシェアホースアイランドの設立に至りました。
牧場2(画像はイメージです。)

シェアホースアイランドは乗馬や農耕馬といった得意不得意を問わず、
どのような馬も受け入れる懐の深さがある体験牧場施設です。

馬と寝泊まりをしたり秘密基地づくりに取り組むなど、
新たな共生モデルの展開も行っています。

風月を引き取ってからは、サラブレッドのアネロワという仲間も加わり、
シェアホースアイランドは更に賑わうようになりました。

2018年以降は活動の場を広げ、ゴミの回収運搬といったビーチクリーン活動を開始しています。
そこでも馬の存在が大きなものとなり、馬の存在価値が見直される事になります。

ただ新型コロナウイルスの影響もあって、2020年以降は状況が一変しました。
そんな中でも山下さん夫婦は馬と触れ合えないかと考え、
牧場の様子をオンライン配信する取り組みに挑戦しています。

シェアホースアイランド公式サイトはこちら!
https://share-horse.com/
🎠公式サイトでは、ギャラリーなどが充実していて
シェアホースアイランドでの楽しみ方が見ることができます。

馬にゆられて海まで散歩ができるのは最高ですね!

楽しんで行かれたかたの楽しかった体験談を読んでいると
すぐにでも行きたくなるようです。

気になる方は問い合わせしてみて下さい。

Instagramはこちらですよ!

 

淡路島はどんなところ?特産物や有名な施設

兵庫県洲本市は自然豊かな淡路島の中部に位置する市で、
人口約4.5万人ととても小さいものの、誰でも受け入れるアットホームな雰囲気に定評があります。

瀬戸内海気候の兵庫県洲本市は、年間の平均気温が16℃と非常に過ごしやすい環境です。
雨や積雪も殆どありませんから、1年中外で過ごす事ができる場所だといえます。

自然豊かで大人も子供も伸び伸びと過ごせますし、
動物にとっても静かでストレスを感じにくいのが魅力です。

山だけでなく海にも気軽に出歩けますし、京都や大阪に神戸方面と、
遠出をするのも難しくないです。

田舎といえばそうですが、都会とも極端に離れていない、
ある意味で良いとこ取りとなっています。

流石に商業施設が限られていたり利便性は都会ほどではありませんが、
自然豊かな環境で過ごせるメリットは大きいです。

兵庫県洲本市の特産は淡路島や淡路島ビーフ、淡路牛といったブランド食材で、
淡路島バーガー
赤ウニやいちじくなどの食材も有名です。
他にもいかなごのくぎ煮や手延べそうめんもあって、
鯛の宝楽焼きは郷土料理になってます。

有名な施設は五色町にある高田屋嘉兵衛公園や塩屋の洲本アルチザンスクエアなどで、
いずれも代表的な観光地です。

小路谷の洲本温泉は、日帰り利用もできる事から、
遠方からの観光客だけでなく地元地域の人達にも人気です。
洲本城跡や生石公園、鮎屋の滝など見どころが満載ですし、
洲本城跡
歴史に触れたり自然と触れ合える環境が充実しているといえるでしょう。


こちらもオススメです。
人生の楽園にぎやか家族のピザ屋!兵庫県加古川

まとめ

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

淡路島の自然と美味しい食材が
豊富で温暖な気候。

最高なところです。

adsense
adsense

関連記事





URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)








いろいろな情報をわかりやすくお届け!
Return Top