all-info ドットジェイピー

黄色いスイカと赤いスイカ!他には?色や形で美味しさに差はでるのか!?

スポンサーリンク




毎年スイカの時期にはよく食べますが、

中が黄色いスイカ赤いスイカあるけど

他に違うがあるのは聞いたことがなかったので
調べてみました。

他にがきになるところですね!
四角い形のスイカが高い値段がつけられて売られていたのも何回か見たことがあって
こちらも、取り上げてみました。

美味しそうな赤いスイカ

 

気になるスイカの色は何種類あるのか?

スイカと言えば赤い身に黒い種というのがほとんどですが、

中には黄色い実のものもあります。

他にもスイカには様々な種類があり、大まかには6種類に分類できます。

それが赤肉系大玉品種

種無し赤肉系品種、黒皮系品種、長形品種、黄肉系品種、花粉専用品種、漬物用品種の6つです。

果肉に関しては赤と黄色、白以外にはあまりありませんが、
皮が黒いスイカというのもあります。

これらの色や形の異なるスイカは味わいも異なっています。

黄色いスイカはその味わいと色からクリームスイカとも呼ばれており、水分量が多いという特徴があります。

スイカはそもそも水分を豊富に含んでいるフルーツなので、

そこからさらに多くの水分を含む黄色いスイカは初めあまり評判が良くありませんでした。
しかし、昨今では黄色いスイカの弱点を補う取り組みが行われており、少しずつ人気が出てきています。

赤いスイカは昔ながらの見た目という感じで安定した人気があります。
それに加えて最近ではブランド名が付けられいているスイカも登場しており、
味が濃かったり種がほとんどなかったりといった特徴が生み出されています。

近年では日本で食べられているフルーツの種類が増えているので、
その中でスイカへの需要を獲得できるようにと、農家の方々が工夫をされていると考えられます。

カーピングスイカ スイカの中には漬物用品種というものもあります。果物として食されるだけでなく、
漬物としても食べられることがあります。

その目的で栽培されているのが漬物用品種です。
一般的に食べられているものであっても皮の部分は漬物にして食べられることもあります。
幅広く食生活に取り入れられる可能性があることもスイカの大きな特徴と言えます。

漬物用ではなくても食べ終わった皮を漬物にするのは
たしかに聞いたことがありますね!

食べたことは残念ながらないのですが。

気になるスイカの形って簡単に作ることはできるのか?

黄色いスイカを作ることは難しそうにも思われますが、実はそれほど難しくありません。
スイカの実は黄色の方が出来やすい優性となっているので、
黄色と赤のスイカを掛け合わせると基本的には黄色いスイカが出来ます。

むしろ赤いスイカの方が品種改良を用いて生み出されたものであり、
リコピンなどの栄養価も高くなっています。スイカはそもそも栄養を豊富に含んでいる果物ですが、

赤いスイカの場合は抗酸化作用を持つリコピンが含まれているので一層栄養的に優秀であるといえます。

加えてスイカの色のイメージや味の濃さから赤に人気が集まり、
一気にスイカは赤が圧倒的にメジャーとなりました。
昨今では黄色が物珍しい存在となってことで少し注目を集めています。

スイカには色々な色や形があります。

なるべく美味しく育てやすいということを目指して品種改良が行われてきた結果でもあり、
現在市場に出回っているスイカの多くは美味しいとされています。

では、楕円形(だえんけい)など変わった形のスイカが作りにくいのかというとそんなことはありません。

形は種の段階でほぼ決まっているのでどの形でも基本的には生産方法は同じです。
品種改良によって育てやすくもなっています。

黒いスイカ

もちろん、その品種改良の最中においては農家の方々の大変な苦労がありました。
今はその品種を育てて生産しているということなので、それほど難しくはなくなっています。

ただ、その影響もあって最近では様々なところで美味しいスイカが作られるようになりました。

その結果、一層美味しいフルーツを生産しないと人気の競争に勝つことが出来ません。それが色々なブランドが登場することにも繋がっています。味や見た目に違いを出すことも重要となります。

スポンサーリンク

スイカの味に影響は!そして美味しい見分け方は!

赤いスイカと黄色いスイカの味の差には様々な意見があります。

実は人間は見た印象を味の感想にも含めてしまうことがあるため、
赤と黄色というだけで既に別の印象を持ちやすいです。

例えばかき氷のシロップはそれぞれがほとんど同じ味ですが、
色と香りで全く別の味に感じています。

これがスイカにおいても起こっているので赤いスイカと黄色いスイカの違いを完全に表現することはなかなか難しいです。
ただ、多くの方が意見として述べているのは黄色の方が水分が多いということです。

どちらかというとはっきりとした味わいを持つ赤に対して、黄色は水分の多いマイルドな味になっています。
そのことからも黄色いスイカをクリームスイカと呼ぶことがあります。
このクリームという表現にはクリーム色という意味合いもありますが、その風味も多少関係しています。

黄色いクリーミースイカ

ただ、スイカはもともと水分が多いフルーツなので、
黄色の水分の多さは必ずしも歓迎されるものではありませんでした。

そのため、赤への人気が集まっています。

しかし、最近ではその黄色の持つ弱点を克服しつつ、黄色への人気も徐々に高まっている風潮もあります。
他にもスイカには様々な色や形があります。

それらは他のスイカとの違いを打ち出しているスイカとも言えます。

例えば楕円型(だえんけい)のスイカは通常のスイカとはまた違った味わいがありますが、
それは楕円型であるがゆえに味が違うというよりは、味自体に改良が行われているのが特徴です。
それゆえに楕円型だからこの味と決まっていません。

楕円型のものの中にも味が濃い物や水分の多いものがあります。スイカは軽く叩いてみて良い音がすると中身が詰まっているといいますが、

これは黄色や楕円型のスイカにも適用できる見極め方です。

ちょっと気になったこのスイカ!

個人的にちょっと気になってしまったこのスイカは!

台湾のスイカ!

以前、スイカではなかったけどバリ島に行ったときに
パイナップルを食べたのですが

あまり水分がなかったのを思い出しました。
スイカではなかったので、くらべることはできないけど
南国のフルーツが気になるところです!

こちらが台湾のスイカ!
台湾のスイカ味が気になるところですね!
ウリ科の食べ物とはいえウリそのもの。

台湾に行く予定の方は食べてみて下さい。

icon-arrow-right 他にさくらんぼの記事もあります!
さくらんぼ狩り!最適な時期はいつ?さくらんぼの食べ時の簡単な見分け方!

まとめ

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

スイカの美味しい季節には中のいろが濃く重い
実の詰まったスイカ探すように選んでしまう私です!

黄色いスイカはあまり印象がないので、味わってみたいですね。

他にも何かきずいた事が有りましたら、コメントからお願いします。


スポンサーリンク




URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。